<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
出不精?
2009年 03月 30日
a0072316_198225.jpg芝生のある公園で伸びるリードを付けてやって、総勢10頭くらいでミニ・ドッグラン状態になった散歩の後、ごはんを食べて、ベッドに頭から沈没してしまったビンゴ君。
厳密には暫く、パソコンしてる膝の上で寝てたのですが、途中で寝心地が悪くなったらしく…膝スペースに対して体が大きくなったので、昔ほど寝心地が良くないようで…そういえば前は、パソコンしてると見えるところに来てオスワリし、フンガ~(抱っこ~)と要求していたのが、最近は余り要求しなくなった。でも一生懸命?小さくなって膝に乗って寝ますが!
で、降りると言うので(?)下ろしてやったら、ベッドに直行。いつものようにクッションを嗅いで口でつまんでみたり掘り返す事もせず、その他寝場所と姿勢を定めるための儀式(?)も一切省略して、正にバタンキュー。お尻がベッドの縁に乗っかって逆とんぼ状態のまま寝てしまったのだった。

で、これならこのまま寝てるだろうと、サークルに入れるのを省略して、でも一応リビングには通せんぼをして、お風呂に入って戻って来たら…
a0072316_1923125.jpg…こうなってた。

暗くてちょっと分かりにくいけど、自分からサークルに入って、サークルで何かを待たされてる時のフテ寝?姿勢になってたの…そういえば少し前にも同じような事があった。

何故か目が覚めて、こっちがお風呂に入ってるのに気づいたのか? それとも通せんぼを見て考えたのか??

同じフテ寝を、別の日の昼間撮った写真です(↓)。この時は意図的に(?)サークルに入れられたので、戸は閉まってます。a0072316_19264722.jpg
…目はつぶってるようだけど、でも実は寝てない?? 顔はこっちに向けて、じっと出して貰えるのを待ってる。

(待ちきれなくなると、時々ふが~と言ってみたりもする…)

とまあ、挿入句長くなりましたが、遊んだ後の爆睡からも分かるように他の犬と遊ぶの大好きで、一旦散歩に出ると中々帰りたがらない事が多いくせにビンゴ君、散歩に行こうと胴輪を見せると…逃げる!
リードなしで思うところに行けた方が犬も気分がいいのは分かるけど…リードを付けるのが一種のゲームみたいになっちゃう犬もいるようですが、ゲームを楽しんでる風もなく、ほんとに大嫌いな事をさせられようとしてるみたいにしょげて、果ては自分からサークルに逃げ込んでオスワリしちゃったりもするので………散歩ヤなのか? っと思ってしまう。

初めて首輪という物を付けられた時も固まっちゃって、挙句自分からサークルに入ってしまった。以来、「首輪やリードに慣れさせておく」意味で、散歩に行けない内から時々試してたのですが、中で一番抵抗が少なかったのが今使ってる胴輪(車のシートベルト用でハーネスにもなる)。
一旦掴まって諦める(?)と暴れて抵抗するような事はないのだけれど、なんかムリヤリ散歩に連れ出すみたいで考えちゃうのだ…
でも今の日本ではノーリードはダメみたいだし、それに何より、リード着けてても未だ飼い主の思う通りには動かず、何か興味を惹くものがあると飼い主の事なんか忘れてドンドン追いかけてっちゃうような感じのビンゴ君、とてもじゃないけど怖くて放せません。家の中ではあんなにくっつき虫なのに…ッタク、何なんですかねえ?


でも家じゃ退屈そうにしてるし、
一旦外に出たらドンドン行く事が多いし、
他の人や犬が来ると引っ張ってでも行こうとするし、
時にピョンピョン駆けてるし、
足怪我した時なんて、3本足のくせに玄関に下りて、外行かないの?みたいな顔してこっち見てたし、

…何よりも、散歩の嫌いなワイヤーなんて居ないだろがァ! と思うんだけど…

…出るまでが億劫な出不精? 

でも…新しいとこへ行くと張り切る?
上記公園でも、他の犬たちはず~っと同じ場所で、同じオトモダチと遊んでるのに、ビンゴは暫くするとヨソへ行きたがり、別の人や犬を探してる風?
そういえばパピー・パーティに行った時も最後にミニ・ドッグ・ランがあって、他の仔犬たちはずっとそこで遊んでるのに、ビンゴ君、暫くすると飽きて(?)、スタッフやスクールの犬が出入りする入口ばかり気にしてたっけ? あの向こうには何があるんだろうって…??

で思ったのですが、好奇心が旺盛で何にでも興味津々! と言いつつ、実は飽きっぽい?

で近所の散歩はもう飽きたとか???

でも一旦飽きてヨソへ行っても、他の犬に挨拶、そして時には遊んで貰って、戻って来ると又新鮮らしく、同じ犬に何度でも挨拶しに行くビンゴ君です。

記事(文)が追いつかないので、後は写真中心で…散歩や他の犬と遊んでるところが撮れればいいのだけれど、散歩中は未だ飼い主に写真撮る余裕がない()ので、又しても家の中のマッタリ写真が多いですが…

a0072316_11231384.jpg台所でのくっつき虫は相変らずなので、くっついてるビンゴ君を動かさずに、でもこっちはやりたい作業ができるように…

…大き目のスリッパを履いて、ビンゴ君が足にもたれたり顎を乗せたりしてる時は、それを脱いで移動する事に…
 ↓
 ↓
 ↓
a0072316_10224196.jpg
…??


a0072316_11281765.jpg
しつこいようですが、センターテーブルの下に潜ったビンゴ君のお尻。可愛いので又撮っちゃった。
a0072316_11301136.jpg
じっとしてるので、どうしたかと思って反対側に行ってみると、興味の対象が、最初追いかけてたボールから、テーブルの足に巻いたクッションの紐に移っちゃってたのだった…

a0072316_11374922.jpg
台所で…眠たくてヨレヨレ


a0072316_11404598.jpg
ソファで寝起きのあくび


a0072316_1143544.jpg
又してもテーブルの下に潜る…
a0072316_11435041.jpgクッションの下に首を突っ込んでフガフガやってる内に、大好きなマジックテープ発見!
(眠たい姿勢だったので、クッチャクッチャやってるだけで噛み取るまでに至らないだろうとタカくくってたら、この後急に起き上がって逃げ出し、その変わり身と逃げ足の速い事! これはマジック・テープを手に(口に!)入れたに違いないと慌てて追っかけ、危うく掴まえて口から出させました。)

(写真と文、少し追加しました。2009年3月31日)
[PR]
by peque-es | 2009-03-30 19:58 | やっぱりテリア
かつての輝き
2009年 03月 20日
a0072316_9584832.jpg…ダジャレる(?)つもりは毛頭なかったのだけど、たまたま、汚れに汚れていたやかんを磨こうと思い立ち、磨けてみたら写真に撮りたくなり…で書きかけの記事にコジツケ(?)てしまった写真…
時間と根気の限界で、かつての輝きを全て取り戻すには至っておりませぬが、90%くらいは取り戻せたかと…

で本題。少し前に adriatic-sea さんのところで、世界のどんな国、どんな場所でも、「かつての輝き」みたいなのが失われつつある現象があるんじゃないかというような話をした事があった。

adriatic-sea さんが、クロアチアという国に昔のような気持ちを抱く事ができなくなって、ブログでも色々試行錯誤されたと書かれ、でもそれはクロアチアに限った事ではないんじゃないか?というような話をしたワケです。
スペインにしたって、なんだかんだ言って、20数年住んだ内で一番懐かしく思い出されるのは最初に留学した頃、つまりスペインが国際社会から或る意味閉ざされていたフランコ時代を抜け出したばかりの頃だったりするワケです。
勿論、或る意味気楽な留学生活と、その後の仕事をしながら、税金その他スペイン人と同じ立場で、その社会の一員となっての生活との違いも、多分ある。
そして、EC加盟や近代化のプロセスも、中でそれを生きた経験は貴重で、大らかさとユーモアを忘れずに逞しく突き進んで行ったスペイン人たちから、かけがえのない何かを教わった事は一生の宝で、忘れられない思い出が一杯ある(…万が一、その思い出の幾つかを詳しく知りたい方がおられましたら、ホームページの「フラッシュバック・スペインをお読み下さいマセ)。
だけど或る時、人は死ぬ時に、それまでの人生の全てが走馬灯のように駆け巡るというけど、自分が死ぬ時には一体どんな光景が甦るのだろう…というような事を考えていたら、昭和の田舎で過ごした子供時代、そして初めて行った頃のスペインでの思い出が浮かんで欲しいというような、そんな気がしたのですね…(あれ? これ前にも書いてますね…)

そして、スペインを去って以来のスペインは、今までよりもずっと早いスピードで変りつつあり、『あの「非常にスペイン的な」何か…』が今後も生き続けるのか、それとも新しい波に押し潰されて消えてしまうのか、今は見当がつかない…

例えば年寄りが「昔の方が良かった」と言うのは、いつの世もあった事なんだろうけど、今起こってるのは、もしかするとそれとはちょっと次元が違うのでは?と思う事がある。
世界のどんな国に行っても、携帯電話にインターネットのある生活が普通になり、それぞれの土地が昔から育んできた生活様式みたいなものが急激に変化しつつあるのではないかという事。

で話のレベルが一転して、テレビ・ドラマ。()
ケーブル・テレビでお気に入りだった「ジュリー・レスコー」(ミステリ・チャンネル)の最新作を見ていたら、どうもジュリーは転属(栄転?)になったらしく、今までは非常にフランス的と感じる風景ややりとりに覆われていたシリーズが、なんか一変してるの…
古い石造りの建物みたいなのだった地方の警察署の代わりに、モダンな大都会のオフィスに移ったらしい主人公のジュリー。スペイン人たちのやりとりを思い出させてくれた部下や上司、仲間たちとの関係も、新しい上司や部下との間ではちょっと趣きが違う。何だかツマンナクなったみたい…

ミステリ・チャンネルではないけれど(AXN)、「コールドケース」という、過去の迷宮入り事件を再捜査して解決して行く、アメリカ版「お宮さん」みたいな(?)シリーズがある。余談ながら、登場人物の過去と現在を演じる俳優たち、あれが年を経てこれになったのね…という感じが結構出てて、毎回よくまあピッタリの俳優を探して来るもんだと感心する。
毎回、事件の起こった時代のヒット・ミュージックが散りばめられているのがツボ、なんでしょね? 見る人に、こういう時代があったなあという思いを呼び起こす…

そしたら今度は、「迷宮事件特捜班」とかいうイギリスのシリーズがミステリ・チャンネルで始まり、そ~か、お宮さんみたいなのって、どこの国でも人気があるのね~…なんて思ってたんスけどね…

こういうテレビ・ドラマが作られて、それが結構面白いというのが、只の懐古趣味なのか? そしてそれが一国にとどまってないのは、只の偶然なんだろうか? みたいな事を考えるワケですよ。

で、少し前に終わった「時空刑事1973」というシリーズ(これもミステリ・チャンネル)、この結末がかなり予想外で…
これはイギリスのドラマで、現代の刑事?だったか、事故に遭って目覚めてみたら、そこは1973年の警察だったという、タイム・スリップとサスペンスがゴッチャになったようなシリーズだったのだけど、徐々に分かっていくのは、タイム・スリップはどうも、事故に遭って昏睡状態にあった間の出来事、言わば夢というか、無意識の世界で起こっていた事で、そして治療の結果主人公は現代に戻って来るみたいなのですが、すると、あんなに帰りたいと思っていた現代の居場所、それが、嫌悪していた昔の警察のやり方、それを普通と思っている上司や仲間たちのいる世界と比べて、何か味気なく(?)感じられてしまう(…すいません、じっくりず~っと追ってたわけじゃないので、粗筋ちょっといい加減かも…)。

そして、最後に彼は、1973年の世界に帰る決意をしてしまうのですよ!
携帯電話もパソコンもなく、何をするにも不便で仕方が無い社会、あんなに批判し、時には嫌悪していた1973年の上司や仲間(そしてそんな中で彼を支えてくれた女性警官)のところに戻って行く決意を!!
その途端にバックには「…ああ、又意識が無くなる…」というような医療関係者の声が響いて、そして心停止を想像させるような機械の音、でも彼は微笑んでいるというような結末だったような…
…何が予想外だったかって、最後は現代に戻って来るんだろうなというのは予想してたんだけれど、それが又過去に戻る決心をして戻って行ってしまうっていう結末が、ちょっとドキッとする位予想外だったの。
で、よくよく考えてみると、上に挙げたシリーズの中で「回顧趣味的」と言えるのは、これと「コールドケース」。「お宮さん」と「迷宮事件…」は、過去の事件を取り上げるという意味では似てるけど、特定の時代を懐かしく感じさせるようなディテールは、あんまりないかも…)
で、もひとつ考えてみると、音楽に関しては、確かに昔の方が面白かったと感じる面もあったりして…「コールドケース」は同じように感じてる人のツボを突いてる?


…いつもの事ながら支離滅裂でまとまりませぬが、「昔の方が良かった」っていうのが、もしかして年寄りの言い草に終らなくなってるのなら、今の若者たちがかわいそう。これから大人になる子供達にとって、世界が「かつての輝き」を取り戻し、或いは今ある輝きを失わずに居るためには、一体どうしたらいいんスかね? 

…というような事を思ったりするワケです。

(※ 先日、「久しぶり」の記事で「暗かった写真」、ADOBEのフリーソフトで自動補正してみたら、ビンゴ君の顔が見えるようになったので、記事に追加しました。)

※※ 小文字部分、付け足しました。(2009年3月23日)
[PR]
by peque-es | 2009-03-20 12:35 | その他、色々、なんとなく…
久しぶり
2009年 03月 13日
ビンゴ君、昨日ボールを追いかけて久しぶりに家具(センター・テーブル)の下に!
a0072316_10195030.jpg
しかも、そのままじっとしてるので、これはシャッター・チャンスと思ったんだけど、家具の下だけあって暗い…

…で、こっちに向かって出て来る途中でも数枚撮ったんだけど、ブレてたり、全然関係ないものが写ってたり…
(↓)は少しマシ? けど、近過ぎ? (…連続写真とかにするとうまく撮れるんですかね? でもマニュアル読んでないし…)

a0072316_10215481.jpgに比べると動きが遅いようで、やっぱり体が大きくなって、家具の下がギリギリ・サイズになって来た? (…ほんとのほふく前進みたいだった…)

でも、もっと足の短いキャビネットの下に入り込んだボールを、パタッと頭を横に倒して首から先だけ突っ込み、上手に取って来ます。ワイアーの細長い首と顔って、やっぱり狭い巣穴に顔を突っ込むとか、そういう習性に合ってるのかも。

そして、

a0072316_10301674.jpg
ベッドでヘソ天になって寝ていて…

a0072316_1032399.jpg
…寝返りを打ったら、お尻がベッドからはみ出してしまったビンゴ君。

a0072316_1033714.jpg
…??

…起きるんだったっけ?…

………

a0072316_10335739.jpg…でも眠たいし…



※追記:
上の「ちと暗かった」写真、フリーの Photoshop で自動補正してみたらビンゴ君の顔が見えるようになったので、写真追加しときます(↓)。
(2009年3月20日)

a0072316_1623914.jpg

a0072316_1224927.jpg
[PR]
by peque-es | 2009-03-13 14:17 | やっぱりテリア
犬の喧嘩 日本とスペイン
2009年 03月 12日
犬ネタ以外の記事も…な~んて書いた先から、もうひとつ犬ネタ。

ビンゴ君、先日ヨソの犬に噛まれかけた。

怪我をした足にはアスファルトよりも土の方がいいという事で、実家の近くの公園に散歩に行ったら、そこにあったリスの遊具にシッポを振って「遊んで、遊んで」とキャピキャピ行くようなパピーなビンゴ君、人も犬も大好きで、とにかく誰にでもシッポフリフリ、イヤな思いや怖い経験はできるだけしないで育って欲しいと思う反面、でも誰にでも付いてっても困るよな、とか、威嚇されても又シッポ振って行くのはど~なんだか、とか思ってたのですが、

先日散歩に出た途端に出遭ったコッカー、飼い主が抑える風を見せたので、これは他の犬と遊べない子かもと、こっちもシッポフリフリで引っ張るビンゴを道路の反対側で抑えて用心してたのに、コッカーの方が突然リードから放れてビンゴ君に向かって来て、いきなりガウガウ。ビンゴはキャンキャン泣いて、これはもうどっか噛まれたかと、絡まる2匹の中から必死で胴輪を引っ張ってビンゴを抱き上げるまで、多分数秒。
幸いどこも怪我はなかったようなものの、先方の飼い主、呆然と立ってる時間長すぎ!
走れば1秒もかからずに横断して来られるような狭い道で、相手は小型犬ですよ!
その後、「どうもすみませんでした」は分かったけれど、先ずその前に自分の犬を叱らなきゃダメでしょ~がぁ!!
チラッと見えたリードはかなりボロボロで、それが切れた? 
とにかく、何が何だか分かんない内に突然放れて向かって来て、こっちも焦ったけど、でも逆の立場だったら自分はどうしたか? 少なくとも、も少し早く動ける…と思いたい

で、犬の喧嘩については前にも、「犬の喧嘩」とかいう記事を書いてますが(…書こうとしたけど全然まとまってない…)、その中で「いつか書く」と言ってた、マドリッドの犬の喧嘩のエピソードを書く事にしました。

以下、お時間と興味のある方はどうぞ。
[PR]
by peque-es | 2009-03-12 10:53 | スペイン:人、物、言葉…
ひとりボール遊び?
2009年 03月 08日
↓の記事、長くなり過ぎた。こっちもほんとは経緯その他色々あるのだけれど、時間がないので、結果と写真のみにて…(曇りの朝の写真で暗いですが)

a0072316_17523156.jpgビンゴ君、コットン・ボールでひとり遊びをする。

ボールを咥えちゃあ、実家から貰って来た大型クッション(?)に上って、フセの姿勢で遊び始め…でもボールは丸いし、クッションは四方が丸くカーブになってるので、すぐに転がり落ちてしまう。
…何してるんだか? と思ってたんだけど、見てるとどうも、自分の鼻でボールをつついて、ワザと転がしてる!?

最初は半信半疑だったけれど、最近はかなり遠くまで転がせるようになり、明らかにそうしてると確信。

…で、転がってったボールをすぐに取りに行こうとはしないで、人が「それっ}とか声を掛けるのを待ってたりする!?

…という事は、ほんとの「ひとり遊び」とは言えないかも?

でも転がしちゃあ取りに行って、咥えてクッションに上るというのを、結構はしゃいで繰り返してます。

a0072316_17581342.jpg…あれ? オスワリしちゃった…そろそろ終りにしますか?

過去に飼った犬たち、「持って来い」遊びはできなかった(取りに行っても返してくれないか、取りに行かないか……)が、ビンゴ君は気が向くと(?)、飼い主が転がしたボールも取りに行って、遊んでくれます。
[PR]
by peque-es | 2009-03-08 18:21 | やっぱりテリア
頑張ったね!
2009年 03月 08日
a0072316_9575857.jpg今回のビンゴのお腹の不調、そして引き続く前足の怪我、どちらも原因ははっきりとは分からず、特に夜だけ下痢するという状態が続いた時は、ストレス性とか、いろいろ理由を思い巡らして悩みましたが、お陰様で状態が安定して来て思うのは、やっぱり色んな疲れが(飼い主共々)溜まってたんじゃなかという事。
人間も疲れてる時って、病気だけじゃなく怪我もし易いですよね?
成長期の体のアンバランスに加えて、(飼い主の)親戚の不幸で預けられたり、そして楽しそうに行くのでついつい散歩させ過ぎ⇒興奮させすぎ、になってたのではと反省してます。

a0072316_9582115.jpg散歩を始めてから、おっぱい飲んでる夢を殆どみなくなってたビンゴ君、お腹を壊した理由について色々思い巡らせた中に、一度赤ちゃん返りをさせてやらなきゃ、或いはさせてやった方がいいんじゃないか? というのがあったのだけれど(…考え過ぎかもしれないけれど、ストレスから?と思うような下痢の仕方だったので…)、その加減と方法が又難しく、でも足を怪我して運動制限された結果、否応なく体と神経が休まった!? みたいな面もって、当座は心配で仕方なかったけれど、良くなってみると、「なんか命ってうまく出来てるなあ」みたいな感想もある。
で最近は、おっぱい飲んでる夢も復活し、散歩で走ってる夢と半々くらいになりつつある? ビンゴ君です。

まあこの間飼い主は、夜中に何度も起きてウンチの始末をしたり、それじゃあオチオチ寝てられないのでビンゴの部屋(?)で仮眠したり、ひきかけてた風邪はどっかに引っ込んだものの、自分も風邪薬や胃腸薬を飲みながら頑張った寝不足の毎日でしたが、一番頑張ったのはビンゴ君だよね?

夜中、2時間おきに起きてウンチしてるのも可愛そうだったけど、3本足でトイレに行こうとして、間に合わなかったりするのも可愛そうで…

でも見事なくらい頑張って、自分で傷んだ足をかばってました。ちょっと良くなって足を床に付けるようになってからも、台所などの固い床に来ると途端にびっこをひいたり…走りながらでもそれをやって、その切り替えの見事さは、ほんとに感心する位だった!

最初、3本足のくせに散歩には行きたいのか、玄関に下りて人の顔を見たりしてたけど出して貰えず…
ちょっと良くなって来てからも「ここが我慢のしどころ」と運動制限、まあお天気も悪かったので丁度良かった。
長引くようなら抱っこで外に出してやろうか、でも下りようとして暴れると危ないから、何かキャリーのようなものでも…等々考えてたけど、それを使う前に復調しました。

5日目くらいだったか、せめて外の空気を吸わせてやろうと、抱っこで狭いベランダを往復してやったら、直後にはしゃいでカーペットの上を爆走! でもその走りっぷりを見ていて、治って来てるのが分かった。
獣医さんが目安として言ってた1週間目にはほぼ普通に歩くようになり、ちょっとだけ散歩。
その後徐々に増やして、昨日今日はもう普通に、かなりの散歩をしてます。できるだけ土の所を歩かせたり、階段は抱っこしたり(…下り階段は特に、犬自身のリズムで降りられれば未だいいけれど、リードで引っ張られてると余分な負担がかかるので良くないそうです…)してますが。

最初の写真は、足を怪我してしまい、3本足では思うように引張りっこ、ボール遊びもできないので、何か気晴らしになる物はないかと考えて買ってやった音の出るオモチャを枕にして寝るビンゴ君。(2枚目の写真に写ってるオモチャです。)
今まで音の出るオモチャというのは敬遠してたのだけれど、この際と思って買ってみたら本犬大喜びで、しかもそんなにウルサクない。中の笛を押すのではなく、口で噛もうとするので、そんなに鳴らないのだ!
でも獣医さんちのビーグル嬢は、その中のカタマリを取り出すのに夢中になって、しかも簡単に取り出せてしまったらしく、「誤飲に注意」と言われました。これはタオル地で柔らかいのが幸いして、逆に簡単には破れないようだけど、やりっ放しではなく、様子を見ながら遊ばせて、時々状態をチェックしてます。

買って来た初日、このオモチャで3回遊んで、その度に乳歯が抜け、最初っから血だらけになってしまったオモチャ、洗ってやったら今度は、オモチャを咥えてトイレに行き、オモチャを口から放してしたのはいいけれど、オモチャは見事にオシッコ浸しで又洗濯…

a0072316_9584132.jpg…で、お腹の方についての試行錯誤は、結局書き切れないので省略…

が、この間に、1日3回だった食事が1日2回になって、ついでに大人用のフードも食べるようになったビンゴ君、飼い主が昼ごはんを食べる時、自分は貰えないというのは、何故かすぐ理解したらしく、最初のうちこそ、後でフテ寝したり、飼い主が座ってる椅子をかじってみたり、テーブルの下に座ってみたりしてたけど、最近では昼ごはんが始まると感知(?)すると、さっさとソファに行って寝る体勢に…
a0072316_9592083.jpg

スネ寝がホン寝(?)に変ると思いきや…





…こっちが食べ終わったと感知すると薄目を開けて顔をこっちに向けたりする。


a0072316_9595538.jpg…飼い主がソファで食後のひと休みをするのを待ち構えてて、人の体をベッドにしようと思ってる?

もうおかしい位見事に、こっちがソファに足を上げてひざ掛け毛布をかけた途端に、その上を両足の間めがけてやって来てコトンと横になり、内腿やお腹に顎を乗せる。ビンゴ君、赤ちゃんの頃と違って、長時間枕になってると、飼い主は足が痺れるんですが…(現在体重4キロ位)

a0072316_16542881.jpg最後の2枚(→&↓)は今日の昼ごはん時のスネ寝。

上の写真で分かるように、余りにもモジャ男くんで、目がどこにあるか分からなかったので、昨日目の周りの毛をちょっとだけカット。
怪我した前足を自分で(そして歯が抜けかけで血の混ざった唾で)舐めて茶色くなってた所も少しカット。

この間に毛も大分大人の毛に生え変わり、櫛で梳くと、赤ちゃんの毛がゴッソリ抜けて来る。

…病気と怪我でしてなかったシャンプー、来週くらいどうよ? ビンゴ君??
a0072316_16544217.jpg

そんなこんなで、2月からこっち、飼い主の体重は2,3キロ減った。飼い主のダイエットにも貢献してくれたビンゴ君です。
[PR]
by peque-es | 2009-03-08 17:50 | やっぱりテリア
復活!
2009年 03月 04日
ビンゴ君、復活して来ました。
今暫く用心して様子を見たいので、記事は又あらためて。

今はパソコンやってる膝の上で寝てます。相変らずくっつき虫です。そろそろ膝に乗っからなくなりつつあるんだけど…

毎日ブログに様子を見に来てくださった方たち、ありがとうございました。
[PR]
by peque-es | 2009-03-04 09:41 | やっぱりテリア