<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
商店街の衰退と日本漁業の危機
2008年 06月 29日
…が、実は連動しているというような話を、テレビでやってたのでした。(…もしかして、かなり勝手に結び付けたかも? …(゜゜))

先ず最初は、日本人が魚離れしているという話があって、その要因は:

食べる側としては、「生臭い」、「骨があって食べにくい」、などなど。

料理を作る側は、魚の「調理法が分からない」、「下ごしらえや調理がメンドクサイ」、「生ゴミが捨てられる日が決まっていて、ワタを取って捨てるとゴミが臭くなり、衛生上も問題がある」、「肉よりも高い」、などなど。

一方でスーパーや量販店が増えて、マグロや鮭など扱い易い魚が多くなり(…言われてみると確かにそうかも…)、売られる魚の種類が減った事が又、日本の食の魚離れに拍車をかけているとか…

でここで、要はスペインの魚屋さんみたいに、欲しい魚を欲しい量だけ、奇麗にソージして、それも皮付き、皮なし、骨付き、骨なし、用途に合わせて下ごしらえしてくれる魚屋さんがいたら、最近の日本の主婦も、もっと魚を料理するんでないの? 骨を取ってあれば食べ易いし…などと思って見ていたら、正にそういう魚屋さんが出て来たのだった。
そこでは料理の仕方が分からない買い物客に、どの魚はどんな料理が向いてるかアドバイスしたり、それに合わせて調理したりして、お客の魚離れを防ぐ為に頑張ってるらしい。

そういえば…うちの近所のスーパーで、パックの魚を「調理」してくれる魚屋さんのあるところ、一度「これ洋風にオーブンで焼いたりできます?」と聞いた事があったのだけれど、魚屋さん、「???」だったもんね。でも東京のその魚屋さんじゃ、店員さんの方から、これはイタリアンでもいいですよ~!な~んちってた。 

そういう魚屋さんが頑張ってるところでは、魚の種類もスーパーより多く、お客も一杯。

…みたいな事をやってたのですよ。

でもそういう魚屋さんは減るばかりなので、日本の漁業はかなりの危機に直面してるらしい。
現に、漁協とやら(?)では、来月の漁船稼働率20%減、とか決定しちゃったらしい。
輸入魚に押されてる?

そこで今度は、前の前の記事でう~さんとやりとりした、最近の日本の魚は…っていうのと、ちょっと繋がっちゃったである。日本の魚が大きくなった気がするのは、やっぱり輸入だったんですかね? ん? ちょっと自己矛盾的文章…(・・?

上のモロモロの理由の他に、個人的には、魚を焼くとレンジが汚れる…っというのを付け加えたい気がする。たった1匹、或いはひと切れの魚を焼くのに結構時間がかかり、その後レンジ中をソージするハメになるのはど~も気が進まないのである…日本漁業には悪いけど…

アンケート調査によると、魚を食べる割合を増やしたいという人は結構いるみたいなのだけど…

これがスペインだったら、定食やランチのメニューは、通常肉料理と魚料理、最低ひとつづつあったりするので、外食で魚を補えるんですが、このご近所のオプションって言ったら、ハンバーグ中心のファミレス、ラーメン、うどん・そば、カツどん…う~む、魚は何処に…

あとスペインには、白身の魚の切り身の冷凍っていうのがあって、買い置きしとくと結構便利だったんですが、日本じゃ全部フライになってから冷凍されてる!? 衣、要らないんスが!
 
あ、これ、前にも書きましたね? でフライになってない魚は、なぜか全部、わざわざ解凍されて出てるんですが! シツコイけど、それじゃ、その日食べるものしか買えないではないですか?

買い物プランニングが、ど~もうまく行かない日本なのだ…009.gif

魚に限らず、日本の食糧自給率は確か40%。日本漁業の危機をこのままほっとくと、日本の将来は大変な事になると、水産庁のお役人(?)も言ってたのですが…何か打つ手はあるんですかね?
元凶の(?)「商店街の衰退」については、ず~っと前に書きかけて、永遠に凍結されたかに見える記事がひとつあるんだけれど…いつ解凍する???
[PR]
by peque-es | 2008-06-29 01:12 | Japón,Japan,Nippon..
宣伝?
2008年 06月 29日
最近時々うちのポストに入っているもの、それはポケット・ティッシュ。
新聞の勧誘、とかですが、でもうち、新聞取ってないし、今後も取る気ないんスが…
それに、仮に取る気があったって、ポケット・ディッシュ1個で決めんだろ~が~…と思うんですが…(・・?

街角で配ってるティッシュも、このティッシュの宣伝見て店に行ったり、物を買ったりする人、一体どれ位いるんだろう?…と思いながら、いつも貰っておりますけどね。017.gif

でまあ、ポケット・ディッシュは宣伝にはならないかも知れないけれど、一応使えるんですが、ビラやチラシになるともうゴミでしかない訳で…
あれ配ってる人もアルバイトで、ノルマとかあるから貰ってあげようという人もいますが、本来の目的はいずこに??…(・・?

真面目な話、こういうティッシュやビラ配りの、実際の宣伝効果とか、調べた人って居るんですかね?
それだけのコストと人件費をかけるなら、その分安くしてくれた方がお客が増えるんでない?

何か他に、もっと有効なアイデアって、誰も思いつかないんスかね?

なんか日本って、リアルなニーズのないところで頑張ってる(?)事が多いような、そんな気がしてしまうのだった。

子供の頃、ヘリコプターか何かで空からビラを撒くっていうのがあった。あれも何の宣伝だったのか…でも、色の付いた薄紙が空から降って来るので、当時の子供にはそれなりに楽しいイベントだったりして…

…あれを今やったら、環境問題ですね…
[PR]
by peque-es | 2008-06-29 01:11 | その他、色々、なんとなく…
スパニッシュ・オムレツの作り方「その後」
2008年 06月 21日
a0072316_19582765.jpg…スパニッシュ・オムレツ(Tortilla española)の作り方なんですが、最初のこの記事でも、その後色んなところでも、最近の色々加工されてる油よりも、昔ながらの油の方が「感じが出るような…」と書いて来たのですが、その後の研究(?)の結果、例えば「コレステロール 0」なんていう油でも、結構感じが出る時があるような、そんな気がして来たである…
で気が付いたのですが、ポイントは油の種類よりも、油の量…というか深さ!なのではないか?
油が少な目、つまり深くない方が、結果が良い! のです。
そういえばスペインでは、トルティージャのジャガイモを揚げるのに、天ぷら鍋なんて使わないもんね。全てフライパンでやってしまう。(写真では、フライパンではなく厚手の煮込み鍋?で、チョリソの屑(?)も一緒にグツグツ中。…ジャガイモ、も少し多くても良かった?)

ジャガイモがヒタヒタ位の量というのは変りませんが、同じ量でも、それを深い鍋で揚げるよりも、フライパンのような、浅くて広いもので揚げた方がいいみたい。…なじかはしらねど…
鍋の時も、上の写真のように、油の深さは3,4センチにとどめておいて、それにギッチリ、ヒタヒタまでジャガイモを入れて、そしてこれは再三書いているように、グツグツと油で煮るような感じで時間をかけて揚げると、モッチリ・ジャガイモになる確率が高い。001.gif
a0072316_15443247.jpg

但しジャガイモは、メークインのような固めの方が合ってる感じがするというのは変りません。
ホクホクとすぐ柔らかくなるようなジャガイモは、トルティージャの中味だけではなく、一般に油で揚げるのに向いてない気がする。

「その後」と言えば、「スペイン風焼き魚」で、日本の魚は小さい切り身などが多くて…と書いた途端に、近所のスーパーなどで「大きな切り身」を見かける事が多くなったような…気のせい? 039.gif

それに一匹を開いて干物にしてあるようなのも、以前より大きな魚が目立つような…(・・?

それから、「挽き肉」は、近くのスーパーの一店で、牛・豚共、赤味挽き肉を常に置くようになったである。パック詰めは変らないので、欲しい量を買って牛・豚半々の「合挽き」にするのに、ちょっと苦労するけれど…

(でも、酸っぱいリンゴや、酸っぱい夏みかんも記事にしたのに、これは一向に増えて来ませんが…009.gif

…という、「その後」集(?)でした。
[PR]
by peque-es | 2008-06-21 20:13 | スペインふう家庭料理
本当にエライ人…
2008年 06月 14日
…だったか、一番エライ人だったか…とにかくそういうエライ人は、「難しい事を易しく話す」というような事を、昭和レトロの小学校で、担任の先生が言ったのでした。

正確に言うと、その前に、「難しい事を難し~く話す人」、或いは「エラそうな事をさもエラそうに言う人」は、「本当にエラいんじゃない」という伏線(?)があって、で「本当にエラいのは、難しい事を分かり易く、エラい事でもエラそうじゃなく話す人」…という具合に繋がるのだ。001.gif

この言葉、意識のかなり深いところに刷り込まれたらしく、考えてみるとその後の人生、これで人を判断して来たような気がする。つまり、ちょっと難しそうな事を言う人は、それだけで「ん、これは本当にエラくないぞ」という目で内心見て来た訳で…041.gif

更に最近、上記先生のお言葉に、「ンなら、易しい事を、さも難しそうに言う人は▼●■▲…」っというのを、付け足そうかと思っておりまする。009.gif

何だか抽象的(?)な話でスンマセン。ちょっと具体的には書けないもので…028.gif

ところで全然別の話ですが、最近、犬の保護活動をしている方たちのブログへのリンクを、幾つか増やしました。

実は根っからの「犬族」なのですが、現在のところ犬なしの生活を余儀なくさせられております。
で犬の里親募集のサイトとか、色々覗いてる内に、現在のペット飼育事情というのが、ひと昔前には想像もつかなかったような事になっている、という事に気づかされました。
そういう現実の中で、少しでも不幸な犬を減らそうと頑張っておられる方達のブログです。

世の中、不幸なのは犬だけではないと思われる方もいるでしょうが、少しでも関心のある方は覗いてみて下さい。
[PR]
by peque-es | 2008-06-14 16:55 | その他、色々、なんとなく…
REX
2008年 06月 02日
ケーブル・テレビのミステリ・チャンネルで録画しておいた番組を見ていたら、 合間のコマーシャルで、今度REX が始まると言っていて、思わず「おぉ~!」と(心の中で)叫んだ≪ちょっとスペイン≫です。

というのもこれは、以前こういう記事の中で、スペイン語のビデオを見ると日本語で疲れた(?)脳がリラックスするような…という話をした、その「スペイン語のビデオ」なのである!

内容は上のリンクに出てるので省略。読んだら分かるように、主人公は犬。そして舞台はウィーン、従って原語はドイツ語の筈なのですが、スペインで放送してたからスペイン語なのだ!041.gif

で主人公の REX と相棒を組む男優の方は、スペインで見ている間に3人変った。
何度も何度も再放送していて、おまけに順不同、いつ、どの回を再放送するか分からないという、まことにスペインらしい(?)放送の仕方でしたが、週末の午後、遅い昼食のあとまったりと過ごすのに最適の番組。丁寧に作られていて、でも深刻なストーリーじゃないので途中で寝ちゃっても良く(?)、そして何度も見ているので、目が覚めたところから又ストーリーを追っかけられるというか…041.gif

そうやって散々見たものを、日本に帰って来てからスペイン語のビデオが欲しいと思った時に思い出し、きっとまだ延々と再放送しているだろうと当たりをつけて、友達に頼んで録画して貰った。順不同、途中で切れても、コマーシャルが入ってても、何でもいいからと言って。
そうやってゲットしたビデオが数本、番組数にして十何回分あるのですが、当時既に再再再再再放送くらいで、主人公の REX とコンビを組む刑事(?)は3代が入れ替わり立ち代り登場し…ほんとに順不同もいいとこ!なのだ。

そんなに古い人気シリーズが、日本では初めて、しかも有料チャンネルでしか放送されないというのも、今の日本のテレビ番組の偏りを象徴してるようでもありますが、今日はその話は置いといて…

で今度はそれを、ドイツ語に日本語の字幕で見る訳で、どんなかな~と、初回の昨日、早速チャンネルを合わせてみたところ…

…散々繰り返して見た筈のシリーズ、その第一回を、殆ど見た覚えがないっ!…ではないですか? 初回だけは一度も再放送してなかったとか??? 041.gif

いやあ、楽しく懐かしく、しかも新鮮で(037.gif)、心地よかったであります。

舞台となるウィーンの古い街並み…思えばこのシリーズを見たせいで、ウィーンって古い家が一杯ありそう、日本に帰る前に行ってみねば…と思ったのでした。

何でもない普通の家や街の一角が絵になるヨーロッパ、そしてヨーロッパ人のやりとり、みたいなのが、なんだかしっくり来て懐かしい。

そのヨーロッパの番組を結構放送してくれるミステリ・チャンネル、以前にも書きましたが、お気に入りです。001.gif
[PR]
by peque-es | 2008-06-02 18:39 | コーヒー・ブレーク