<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
温水暖房…とスペインのコタツ
2008年 01月 24日
地球温暖化ってどこの話? と言いたくなるような寒い日が続いている。
2003年にスペインから帰って来て以来、一番寒い冬じゃないかと思う。
でもこの寒さで皆が暖房器具を目一杯使ったら、又温暖化が進むのよね…と思っていたら、現に、今日来た電気代の請求書、史上最高額…ガァ~ン047.gif

決して安くなかった先月の電気代より、更に6千円近くもアップ!(@@;)
冷暖房の要らない月、つまり電気代が最も安い月と比べると5倍近く!!(◎◎)

スペインのマンションには集中暖房が付いていたので、年間を通して電気代は一定だった。レンジは電気だったが、それでも今のマンション(レンジと湯沸かし器はガス)の一番安い月位の電気代…しかも集中暖房込みの管理費も、今のマンションより安かった。広さは同じ位なのに…ついでに言うと、エレベーターも付いてなければ、管理人も常駐していないマンションの管理費が、エレベーターが複数付いていて、管理人が常駐していて、集中暖房と集中給湯のあったスペインのマンションより高いのは何故だ? 039.gif と、前々から思っているのだ。

おまけに日本じゃ、夏は冷房、冬は暖房で光熱費が跳ね上がる。今月はちょっと例外としても、今概算してみたら、年間の管理費&光熱費、日本の方が2~3倍はかかってるかも…正にダブル(トリプル?)・パンチ…047.gif047.gif 又は 047.gif047.gif+047.gif

…これってスゴク効率の悪い話じゃない? という訳で、前々から一度書こうと思っていた、温水暖房の話。

スペインで住んだ家、8軒位ありますが、大体ミドル・クラスの建物で、古さは今を基準に数えると、築20年~60年位の間? その殆どに温水式の集中暖房(calefacción central、カレファクシ・セン)が付いていた。
(住んでた所で一番新しかった建物には、集中給湯はあったのに、暖房用のラジエーターはなく、未だにどういう暖房システムだったのかよく分からない…(・・;)…部屋の温度を設定するようになっていて、寒くはなかったのだけれど…(・・?)

この集中暖房というの、システムはどんなかと言いますと、建物に集中ボイラーがあって、それで温められたお湯が、建物内の各戸に、そして各部屋に供給される。そして部屋にはラジエーター(radiador-ラディアドー)があって、その輻射熱(…って言う?)で部屋が暖まるという仕組みですね。(スペイン Wikipedia の radiador についての説明はこちら。モダンなラジエーターの写真もあります。)
このラジエーターの中を温水が循環してる訳です。だから温水暖房、と言う事にする。

一昨年泊めて貰った友達の家では、建物全体ではなく、各戸ごとの集中暖房になっていた。
つまり建物の集中ボイラーの代わりに、ガス湯沸かし器と暖房がセットになったような装置が台所にあって、そこで沸かされたお湯が、台所や浴室のお湯と各部屋の暖房の両方に使える仕組み。

つまり「温水暖房」といっても燃料は色々あって、でも実際に部屋を温めるのに使われるのは、温水の循環してるラジエーターって訳です。

でこの、スペインでは一般的だった温水暖房システム、日本に帰って来て以来つくづく、あれって結構効率のいいスグレモノだったな~…と思うのです。

先ず、部屋ごとにストーブを買ったりエアコンを取り付けたりする必要がないっ!
共通の熱源で、全部まかなえちゃうのですよ! (家にもよりますが、集中暖房のある家では大体、各部屋にその部屋のサイズに合わせたラジエーターがあり、玄関、廊下、浴室などにも必要に応じて設置されている。)
それから、熱源はそこにないので事故や火災の心配もない。
エアコンのように風が来たり、音もしない。
更にラジエーターの寿命は、エアコンやストーブよりずずず~っと長いと思われる。お湯を沸かすボイラーや湯沸かし器は一定期間を過ぎれば買い替えが必要になると思われますが、各部屋のラジエーターは、それよりず~っと長持ちなのだ。
ちなみにうちにあったのは30年以上経ってたと思う。家を買った時に取替える予算がなかったので、古いのをそのまま使っておりました。栓の部分から僅かに水漏れがあったのを、借りて来たスパナで締めたら直ったし…(゜゜)

そして最近思うのは、温水が配管を通って各戸、各部屋に運ばれる。その配管は壁の中を通ってる訳で、要は壁の断熱効果が高まるというか、建物全体が暖まる仕組みになってたって事じゃないか? という事。但し、これには壁の構造が大いに関係してると思われますが…

エアコンやストーブって、回りの空気を暖めるだけなので、切ったらすぐに寒くなる。
それに引き換え、水はすぐには冷めない?
上に書いたように壁の構造もあるでしょうが、気温から言うと今住んでる所と同じか、時にはより寒くなると思われる内陸部マドリッドのマンションで、毎日午後の数時間、集中暖房が入るだけで良かったのだ。(マンションの共同管理なので、決まった時間帯しか入らないのですが、それで足りてたって事です。)
外で冷たく乾いた冬の洗濯物を、ラジエーターの上に置いておくとホッカホカになるという、副次効果(?)もあった。

しかも、その為の光熱費は、今日本のマンションで払っている額の何分の一って単位な訳ですよ。

日本の、部屋それぞれにストーブやエアコンを点けて、それぞれに光熱費がかかって、しかも切ったらすぐに寒くなって、家全体は温まらないっていうシステムよりも、ずっと効率いいと思いません?

フランコが死んで間もなく、未だヨーロッパの田舎と言われ、ピレネーを越えればアフリカと言われ、ECにも加入してなくて、バブル経済目指して驀進中だった日本に比べると、一見遅れて見えた80年頃のスペインで、集中暖房は当時既にスタンダードな仕様だった。

それから30年近く経った今、日本に集中暖房の家や建物がどれ位あるのか?
こんなにスグレた暖房システムが、何故日本で普及しなかったか? と考えると、色んな方向に話が飛んで行きそうなので…止めておこう…でも日本の家やマンションを売ってる皆さん、地球温暖化防止の為にも、ゼヒゼヒ、もっと暖房効率のいい家を研究して建てて下さいマシ…と、常にも増して切に思った、今月の電気代だったのだ…

ところで、初めて行った頃のスペインでは、
[PR]
by peque-es | 2008-01-24 01:22 | 街、家、道…
スペインとフランス
2008年 01月 14日
前の記事(「見えないゴールを目指す力…」)と同じく、タイトル予告までしてあったのに、よくよく考えてみると、大した事が言いたかった訳じゃないな~と気が付いた「スペインとフランス」…いや、スペインとフランスって、結構似てるんじゃあ? という、ただそれだけの事だったのですよ、こっちは…(・・;)

しかもそれは、ケーブル・テレビで「女警部ジュリー・レスコー」っていうフランスのシリーズを見て感じたという…学術的根拠(?)ゼロのお話です。((・・;)×2)

まあ同じラテン系の国で、地中海文化の影響もある、当然といえば当然のような事なのだけど…

以前は、なんとなく勝手に、仏伊西の3国が「ラテン3兄弟」みたいなイメージを持っていた。
ラテン語から進化した言葉を国語としている5つの国(イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル、そしてルーマニア)の中で、なんとなく仏がしっかりものでエレガントな長女、伊が3人兄弟の真ん中に挟まれて我が道を行く真ん中の弟、そして西が上の2人に比べるとやんちゃで、でも性格は素朴な末の弟、みたいな擬人化をしていたのですね。
(…ンじゃ、ポルトガルとルーマニアは? と思った方の為に付け加えると…ポルトガルは父親がヨソの女に産ませた異母弟、ルーマニアはハトコ…???041.gif

で、フランコ時代が長く、ECに加盟するのも遅かった、ピレネーを越えればアフリカだと言われていたスペインよりも、イタリアの方がやはりヨーロッパ的で洒落てるしィ、フランスに近い?というような感じを持ってたのだけれど…

「女警部ジュリー・レスコー」を見てるうちに、必ずしもそうじゃないんじゃないか? むしろスペインの方がフランスに近い?…というか、スペイン人とフランス人って、イタリア人とフランス人、或いはスペイン人とイタリア人よりも似てるかも? という気になって来た。

まあスペインには長く住んだけど、イタリアとフランスは旅行でしか知らないので、本当のところは、それぞれの国に長く住んでみない事には分からないと思うけれど…

テレビを見ていると、街の感じ、道路の雰囲気(路駐*風景を含む。朝出勤して来た女性巡査と本部長が路駐スペースを巡ってぶつかったシーンなど、笑えた)、カフェ(スペインならバール)やお昼の定食を食べるところの雰囲気とか、更には薬屋の緑十時のネオンサインとか、ゴミ・トラック*後続の渋滞風景を含む。これも笑えた)とか、あ、これスペインとおんなじやん…と、理論的根拠なく懐かしくなるような場面、ディテールの連続なのでありますが、何よりも、主人公とその同僚たちの職場の雰囲気、人間模様、そして様々なやりとり…主人公の家族や、部下である刑事達などが、お互いに言いたい事言い合って、でも深刻な喧嘩には発展しないようなやりとりの妙味が、なんかヒジョーにスペイン的(!?)なのですね~…

それからこれは配役の妙なのか、出て来る人物像が、「居る居る! こういう人、スペインにも…」っと、ニンマリしたくなるような顔だったり、物腰だったり、態度だったり…主人公自身の人物像は、ちょっと出来すぎのような気もしますが、上下左右を取り巻く、例えば格下の巡査達とか、逆に上に乗っかってる(?)上司達(主に上の本部長と検事)とか、或いは回毎に違いますが、私立大学の学長だとか、銀行の重役だとか、中小企業の経営者だとか、税務署の役人だとか、マンションの管理人だとか、そういう登場人物が、みんな実にそれらしく見えるのは、気のせいでしょか?

更には警察署内のコーヒー販売機を巡るやりとり(小銭がなくていつも人に払わせるヤツが出て来たり、カップが出てないのにコーヒーが出てきてレスコー警部が悪態をついたり…)、コピー・マシーンを巡ってのやりとり(コピー・マシーンが不調の時の女性巡査の悪態、とか…)、その他些細なやりとりや、時にはひとりごとなども、なんかスペインの会社の様子を再現してくれてるみたいで、ヒジョーによく分かって笑っちゃうのであります!

かなり長く続いている人気シリーズらしく、携帯電話やパソコンもなかった初期のシリーズと、インターネットが活躍する最近のシリーズを見比べると、登場人物の中年太りも相俟って、何だか同じ道を辿って来たような妙な親近感も湧いたりして…

おまけにさすがラテン語系! 端々に聞き取れる、或いは意味の想像できる言葉が出て来るのが、意味もなく嬉しい。一応フランス語勉強した事あるので、聞いてる内に思い出す単語もあるし…

メーッと聞こえる単語が、スペイン語の Mierda ! (ミィダッ、意味は「クソッ」)に当る間投詞だという事はすぐ分かったし、パタティン・パタタンなんていう擬態語(?)が、ほぼスペイン語そのままの発音で聞こえて来た時には、思わず感動してしまったのだった。

余談ながらケーブル・テレビ、日本の地上波テレビにはないチャンネル・オプションを求めて加入したのですが、そうは言ってもやっぱり、アメリカ系のチャンネルや番組が主体だろ~な~…と予測していたら、イギリスやフランスなど、結構ユ~ロピ~アンなミステリーをやってるのは、嬉しい誤算というべきか? ま、イギリスのミステリーには、ラテンの薫りはしないけどね。そこが又、面白かったりするのです。

(でもやっぱり高いので、最近基本パックからもうひとつ下のに下げましたが…そう、基本パックが基本ではなかったのですね。スタンダード、だったんだって…009.gif

尚、スペインの路駐事情やゴミ・トラックについては、このブログでも再三触れておりますが、興味を持たれた方は、例えば「マドリッドの路駐事情、他…」「マドリッドの一方通行」「ゴミ行政…」などを、ご参照下さい。)
[PR]
by peque-es | 2008-01-14 18:21 | その他、色々、なんとなく…
見えないゴールを目指す力…
2008年 01月 14日
…というタイトルで記事を書こうとしていて、予告までしてあったのだけれど…

…よくよく考えてみると書きたかったのは、「見えないゴールを目指す力…というようなものが、あるように、思う…」という、ただそれだけの事だったりして…(・・;)

…でもまあ気を取り直して…
つまり、意味が分からない事でもとりあえずやってみる、すぐに結果が出なくても続けてみるというような事が、得意(?)な人と苦手な人がいる気がするのですが、それを気が長い(⇔短い)とか、根気がある(⇔ない)とか、或いは呑気(・・・の反対は何だ?)とか、おっとり(…これも反対語が分からん…)とか…そういった性格ではなく、「見えないゴールを目指す、のようなもの」と呼んでみた訳です。

(…ハイ、そういう自分はかなり気が長くて(?)、すぐには結果の見えない事ばっかりやっておりますね…(・・;))

今やっている事の結果は、今は分からない。
[PR]
by peque-es | 2008-01-14 18:20 | 土曜年
ジプシーのやる事
2008年 01月 11日
gitaneo (ヒタオ)というスペイン語について書こうと思ったら、スペイン王立アカデミー(Real Academia España)の辞書には、そういう単語は登録されてないそうな。余談ながら、このスペイン王立アカデミーというの、日本の国語審議会をず~っとエラくしたような(?)感じで、新語なども、ここで認められるとスペイン語の言葉としての市民権のようなものが得られる…と、昔、マドリッドの語学学校の先生が、口を酸っぱくして(?)言っておりました。

でその RAE の辞書には登録されてなかった gitaneo ですが、これはこの言葉が正式に認められてないというよりは、gitanear (ヒタネール)という動詞から出来た、一種の派生語のようなものなので、そこまでは辞書に載せないという事なのかも知れない。例えば日本語でも、「食べる事」、「歩く事」など、全ての動詞にを付ければ、その動詞を名詞化(?)できるけれど、でも辞書には多分、「食べる」「歩く」という動詞しか出て来ないもんね。

つまり gitaneo という言葉は、gitanear という動詞を名詞化したようなものなのだけど、それじゃその gitanear という動詞の意味は? というと、これは上記 RAE の辞書にも、そして日本で売られている西和辞典にも、ちゃんと出ておりました。西和辞典の訳は: お世辞を使う; 人の機嫌を取る; ずる賢く商売する…だってサ…(最初の2つは知らなかったヨ…(・・;)

で gitanear という動詞は、gitano (ヒーノ)、つまりジプシーという名詞から来ているので、gitaneo はまあ簡単に言うと「ジプシーのやる事」というような意味で、それにちょっと侮蔑的なニュアンスが感じられるのですが…

少し前の記事に登場した、スペイン時代の上司兼友達のA○○、彼は会社の購買部門のチーフだった。
ちょっと大きな商談が入ると、購買部門では幾つかの業者に競争で見積りを出させる。業者の中には、他の業者がどれ位の値段を出しているか、どの程度なら入札できそうか、あの手この手で探りをかけて来るのがいる。中には、他の業者に決まったあとで、「それより安くするから、幾らだったか教えてくれ」などとと、未練がましく言って来るところも…

そういう時彼は、決まってこのヒタネオという言葉を使った。
「そんなのはヒタネオだ。許さんッ!」「ヒタネオはダメだ! 最初から、自分が出せるベストのプライスを出せってんだ…」

…んな訳で私は、gitaneo という言葉は、「ジプシーのやる事」ではなく、必ずしもジプシーではない人が、「ちょっとコスイというか、ミミッチイというか、セコイ事をする」のを、指す言葉だと思っておりました…(・・ゞ

(RAE の辞書の gitanear の定義には、「欲しいものを手に入れる為に、ジプシーのようなお世辞を使う」というようなのがある。…ジプシーって、そんなにお世辞言うんですかね?(・・? ちなみに、本物のジプシーのオバサンのエピソードに興味のある方は、≪フラッシュバック・スペイン≫「11.路上の人」のこの辺をお読み下さい。)

2003年、スペインから日本に帰って来た時、
[PR]
by peque-es | 2008-01-11 20:23 | Japón,Japan,Nippon..