<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
地上○階からの風景
2007年 10月 26日
a0072316_17585870.jpgたまたま行った東京都心、地上42階の窓から眺めた夜景…

午後から居て、スペクタクルな夕陽の沈むところなども見えたのだけれど、なんだか余り写真を撮る気がしなかった…
…地上42階から眺めると、人なんて全然見えないもんね…

a0072316_1805072.jpg…でこっちは、おなじみ、マンションのベランダから眺めた、裏の竹薮…

一応地上2階ですが、斜面に建ってるので、表通りから見ると地下1階?

余談ながら、先日のブーゲンビリア、まだ咲いてます!(→)

この窓からも人は見えない。あ、狸は出た事があったけど、多分、今伐採中の隣の竹林から出稼ぎに来ていたので、もう出ないんじゃないかと思う。

a0072316_18181336.jpg…そしてこっちは、マドリッドで住んでた地上7階…だけど、日本式に数えると8階…の窓から見えた眺め…

え~と、木々の色を見るに、季節は秋ですね。
あ、普通の写真をデジカメでパチリとやったので…ボケてみえるのは多分そのせいです…(・・?

この窓からは、いつも通りを行く人が見えた。老若男女、さまざまな人が、散歩してたり、仕事に行くとこだったり、買い物から帰るとこだったり、配達中だったり、車を駐車してたり、車に乗って出て行ったり、バールに入るとこだったり、友達をインターフォンで呼び出してたり、知り合いと出遭って挨拶や立ち話をしてたり…ちょっと離れた広場で犬や子供を遊ばせている人たちの声が、風に乗って聞こえて来る事もあった。サッカー中継で悪態ついてるご近所の誰かの声も聞こえて来たけど…そういうの、結構好きだったナ…

東京都心の地上42階も、新興住宅地の地上2階も、窓から見える風景に人の息吹が感じられない。窓を開けたらお隣の軒下…というようなのはちょっと困るかもしれないけれど、ぜんぜん人の見えない風景というのも淋しい。

…その辺のところ、街のあり方みたいなので前から書きたい事が幾つかあるのですが、リセット続行中ですので…(・・ゞ
[PR]
by peque-es | 2007-10-26 19:50 | 街、家、道…
なんだか盛り上がりに欠ける日々…
2007年 10月 20日
…なのだ。書きかけの記事、い~っぱい溜まってるんですが…

a0072316_1114491.jpgインターネットをやってると、どうも、どこへ行っても皆さん忙しそうだったり、何となく動きの少ない日というか、エネルギーが盛り上がってない週とか、そういう感じのする時があるんだけど…月や天体の動きみたいなものが、人間に何らかの影響を与えるっていうような事と、何か関係があるかしらん…(・・?

…とか言って、書きたいことがどうもうまくまとまらないというか、書いても今いちパンチに欠けてるなあというか、そ~ゆ~事のいい訳のような気もするのだけど…(・・;)

こ~ゆ~時には、出発点(Punto de partida)に戻ってみる? という事で選んだ写真は…

a0072316_1105045.jpg…最初のブログ≪ちょっとスペイン…の玄関≫をブログ村にイメージ登録するのに使った、スペインはイビサ島のある丘の上から見た風景(↑)と…

(←)…そのブログが現在の≪ちょっとスペインの音色 & Petitesmusiques≫になった時に、同じくヤフー・ポッドキャストへのイメージ登録に使った、スペインの南、カディス地方のある町の、市役所の中庭から撮った風景。このブログのネーム・カードにも使っています。

尚、上記≪ちょっとスペイン…の玄関≫で書いた記事は、現在このブログにコピーを持って来てあります。(同名のタグをご参照下さい。)
…で、そのコメントもこっちに持って来て、色々整理しようとしてるのだけど、これが又なかなか進まないのよね…

ちょっとリセット、してみます...
[PR]
by peque-es | 2007-10-20 00:48 | コーヒー・ブレーク
スペイン語とスペイン音楽のリンク週間?
2007年 10月 12日
風邪ひいてしまい、何となくグズグズ過ぎた一週間。
ひき始めの時に行った美容院で聞いた話では、季節の変わり目に風邪をひいたりするのは、体の細胞が入れ替わっていいという説も、最近はあるのだとか。熱は出なかったものの、かなりの細胞が入れ替わったような気がするな…?
という訳で、書きたい事は色々あるのだけれど、今いちエネルギーの盛り上がりに欠けるというか…

…で、スペインやスペイン語に関するキーワードで、このブログに辿り着く方が増えている折、スペイン語とスペイン音楽のリンク、な~んていうので軽く…と思ったノダッタ。

先ず、最近「ちょっとスペインなサイト」のリンクに加えた、スペイン語のポッドキャストふたつの、簡単な説明:

1.NHKのスペイン語放送
もうひとつのブログ「ちょっとスペインの音色 & petitesmusiquesが番組になってるヤフー・ポッドキャストで、「スペイン」というキーワードで探したら、他にどんな番組がひっかかるのか、実験してみたら出て来たノダ。内容は「ニュース」です。

2.で、NHKがポッドキャストやってるんなら、スペインのラジオだってやってるんでは?と思って検索したら、RNE(スペイン国営放送…って訳していいんだろうか?)のポッドキャストが見つかった。幾つかチャンネルがある中から「海外向け放送(REE)」の、El español - un idioma sin fronteras (スペイン語-国境のない言語)という番組をリンクしました。スペイン語とスペイン文学についての教養番組みたいな感じ?

ついでに思いついて、 ブログで取り上げた事のある音楽など、探してみたノダッタ。記事だけではイメージが伝わりにくかったかもしれないけれど、今なら YouTube などで見つかるかと…
以下、見つかったもの。一般にイメージされてる「スペイン音楽」とは違ってるかもしれないけれど、そこはちょっとニッチな(?)「ちょっとスペイン…」ですので…(゜゜)

1.先ず最初は、カマロン(Camarón)の「時の伝説」(La leyenda del tiempo)。以前「ライフログ?」という記事で触れた「伝説のアルバム」のトップを飾る曲。同名のアルバムには、ロルカの詩などに曲をつけた(この曲もそうですが)「ひと味違うフラメンコ」が収められていて、あまりフラメンコでない(?)≪ちょっとスペイン≫のライフログにも入っちゃってるノダ。
[音楽ブログで取り上げた「タララ」(La tarara)の方は、見つからなかったノダ…残念。]

2.次はカタルニア民謡の「小鳥の歌」。昔バルセロナの街角で聴いたのは、スペインのディーバ、モンセラット・カバリエ(カバジェ-Monserrat Caballé)のオケをバックにした歌でしたが(「スペインの夏の夜の夢」)、その野外演奏をビデオに撮ってた人はいなかったようで…YouTube にはなってなかったノダ(笑…余談ながら、彼女とロック歌手フレディ・マーキュリーの競演ビデオが多かったノダ!)。という事で、リンクはパブロ・カサルス(Pablo Casals)のチェロ演奏です。歴史的には、この演奏の方が有名でしょう。
[音楽ブログでは混声スキャット(?)にしてみたのを載っけております。]

3.最後は、80年代のスペイン J ポップ(?)の旗手と言ってもよかったグループ、メカノ(Mecano)の「月の子供」(Hijo de la luna)。上記モンセラット・カバリエが唄ってるのをスペインのテレビで聴いた事もある。

どうでしょう? 「ひと味違うスペイン音楽」を聴けた…と思って頂くと嬉しいです。

それにしてもモンセラット・カバジェって、オペラ歌手のくせにロック歌手と競演したり、ポップスを唄ったり…一体どういう人よ? と思った方の為に、オマケ。数ヶ国語(?)によるインタビューですが、時折入る笑い声から、リンクした記事に書いたエピソードの光景を想像して頂ければと思います。音楽を聴いてみたい方は、YouTube のページの右にあるリンクからテキトーに、クリックしてみて下さい。例えばこちらの曲なんか…

…軽~く、のつもりが、結構リンクに、時間がかかってしまったノダッタ…

追記: ポッドキャスト、YouTube 共に、サーバーやアクセスのの状態によって、聞きにくい時があるようです。うまく聴けなかった方、ごめんなさい_(._.)_(2007年10月14日)
[PR]
by peque-es | 2007-10-12 19:47 | スペイン:人、物、言葉…