<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
本当においしいパンの定義
2007年 07月 28日
スペイン風ミックスサラダの記事で aoi さんから「スペインではパンに何をつけて食べますか?」という質問を頂きました。(ちなみに、その時 aoi さんが書いていたパンの記事はこちら)。

で、この際、前から書こうと思っていた「本当においしいパンの定義」っていうのを書く事にしました。その定義は、コメントの返事にも書いたように、「何もつけなくてもおいしいパン」というのですが…

…先ず、スペインで普段食事の時に食べるのは、こういうパン。日本ではバゲットとか、昔は(?)フランス・パンと言われてたタイプ。スペインでは amigoplaza さんの記事にあるように、ピストラ(pistola、ピストルのことです)とか、pan de barra (棒のパン)と言う。
スペインではこういうパンを切り分けて、普通食事の時には、何もつけないで食べます。日本でおかずの合間に白いご飯を食べるような感じ。毎日、その日食べる分を買って来る、つまり焼きたてを買って食べるのが原則で、だから通常の店は閉まってる日曜にも、パン屋さんだけはメインの食事である昼頃までは開いてる事が多い。そしてもしかしたら、パン屋さんは日本のお豆腐屋さんみたいに、スペインで一番早起きな職業かもしれない?と思う。

初めて行った頃のスペインには大家族が多かったので、昼前のパン屋さんに行くと、この棒パンを2本、3本と買って行く人も多かった。一方で1人暮らしの人などは「棒半分(media barra)頂戴」と言うと、長いパンを半分に切って売ってくれたりもしたのです。(その辺の事は≪フラッシュバック・スペイン≫の「6.お店の人」にも書いているので、興味のある方はどうそ。)

でスペイン人のパンの食べ方を学んだ者としては、日本でスペインふうの料理を作ったりすると、それを試食する人にも「パンには何もつけないで、日本のご飯のような感じで食べる」というのを強要(?)していたのですが…

…どうもそれじゃ、食べさせられる方に欲求不満が残るようなのですね…「え~と…バターかマーガリン、ある?」とか、言われてしまう…
…確かに日本のレストランじゃ、パンには必ずバターが付いて来るし…
そういえばスペインだって、朝食のトーストにはバターとジャムなんてつける訳だし…高めのレストランだと好みでバターをつけられるように置いてある事もあるし…でも、それでもつけないで食べる人も多いし…フレンチの本場パリでも、お昼の定食にバターは付いてこなかったゾ…??

…などなど考えておりましたが、ある時ふと、「そういえば日本のバゲットは、スペインの棒パンほどおいしくないではないかっ!」という事に思い当たったのだった。

スペインふうの手料理を引き立てる(?)ために、バゲットを焼いてるパン屋さんをあちこち捜し、そして食べる直前に買って来ても、どうも感じが違うのです。

その一: 日本のバゲットは一般に、なんか皮だけが妙に硬くて、噛み切れないんスが…
その二: そのクセ中味は、妙にフニャフニャで、存在感に薄いんスが…

その結果、出来立ての筈なのに、再度トーストしないと食べにくかったりする事も…

スペインやフランスのバゲットは、一見日本のより硬いのだけど…でも、噛み切れる!! 中はフニャフニャでなく、もっと詰まった感じがして、そして何もつけなくてもおいしい!

そう! パンに何もつけないで食べるのは、何もつけなくてもおいしいパンだからなのだ…っという事に気がついたのであります。

でもこの差って何? 一体どこが違って、何もつけなくてもおいしいパンと、フニャフニャなのに噛み切れないパンになるのでせう?? 
原料の小麦粉が違う? それともこね方? こねたあとの焼き方? 焼きあがったあとの環境…つまり空気中の湿度?…などなど、色々理由を考えてはみるのだけれど、例によってまともに調べるという事はしておりません…(・・;)

ただヒタスラ想像力(?)を駆使するのみで…でもかなり確信を持ってる(?)のは、日本のパンは「膨らませ過ぎ」なのではないか?という事です。
その証拠に、余ったバゲットを袋に入れて、冷蔵庫などで保存すると、数日で体積が半分以下になっちゃうんもんね…

パンはその日のものを食べるのが原則のスペインでも、必ずしもその日に、計算通りに食べきれる訳ではない。昼、夜と食べて余ったパンは、まあ翌朝の朝食でトーストしたりして食べ切れれば理想なのですが、もっとずっと古くなってしまったらどうするか? トリッハ(torrija-s)のようなお菓子にしたり(いつもチャレンジ精神旺盛な MICAN さんの記事をご参考に)、その他の料理に使ったり、パン粉にしたり…色々な知恵がある。でそうやって置いておいても、日本のバゲットみたいに縮んじゃわない気がするんスが…

ちなみにこれは、近所では一番人気の、フランス風(?)パン屋さんのパン…
[PR]
by peque-es | 2007-07-28 20:07 | スペインふう家庭料理
スペイン人は日本人より…天真爛漫?
2007年 07月 17日
バルセロナの gyu さんがこの記事に書かれてているエピソードに目が留まりました。

記事はシャンパニエットという名前のお店についてなのですが、そのお店が開くのを待っていたら、パン屋さんからお店用のバゲットを15本預けられちゃったとか…
…読んでる内に、全く記憶の底に沈んでいた出来事がじゎ~っと甦って来て…記事にコメントした事を、もう少し詳しく書くと:

≪フラッシュバック・スペイン≫「10.車」…え~と、これはかなり長いので…この辺から登場する、近所の修理工場(スペイン語で taller mecánico-タジェール・メニコと言います)。親方マリアーノは「王様とあなた」の記事の終わりの方にも書いたように、Usted を使って話すのを聞いた事がない。どんな客とも「オレ、オマエの仲」という徹底した人柄(?)でしたが、その飾り気のない性格と、飾り気のない請求書に惹かれてか、工場はいつも満杯状態。

でスペインの個人商店は大体、午後1時半から2時頃になると一旦閉めて、お昼を食べに帰り、午後4時か5時頃に又開けて、あとは大体8時頃までやってるのですが…

このマリアーノ親方の修理工場で、午後店が開くのを待ってた事があるのです。どういうトラブルだったのかはもう忘れちゃったけど…

そこへオートバイでやって来た部品屋さん…いや、この修理工場では、タイヤとかバッテリーとか、スタンダードな物はストック置いてあるんですが、特定の車種の、例えばサイド・ミラーの付け替えなんて事が必要になると、その場で部品の卸屋さんみたいなのに電話する。するとそこから、若い男の子がバイクで部品を届けに来る。部品屋さん、10分くらいで着いちゃう距離にあるらしくて…機動力があるというか、レスポンスがいいというか、客にとっては便利なシステムです。

で、そういう物を付け替えて貰って請求書を見ると、大体部品の正価しか書いてないのね。
一度だけ、排気管だったかを取り替えた時は、30分くらいの手間賃を取られましたが、後から識者に聞くと、「それは30分で出来る作業じゃない、お前はラッキーだった」…というような、まあ車のメカの事なんて殆ど知らない人間にとって、余りボラレル心配をせずに頼める、貴重な修理屋さんだったのですよ。

その日は多分、午前中の最後の時間に何か必要な部品が出て、午後一番に届けてくれ、とか、そういう事になってたんだと想像するのですが、バイクでやって来たお兄ちゃん、私が修理屋のシャッターの前に立ってるのを見ると…

「君、ここで待ってるの?」…
[PR]
by peque-es | 2007-07-17 12:40 | スペイン:人、物、言葉…
Ensalada campera ~> スペインのキュウリ
2007年 07月 15日
前の記事cazorla さんが、アンダルシアではサラダにキュウリを入れるとコメントを下さり…

…そういえばマドリッドでも(? 全国的に?)、必ずキュウリを入れるサラダがあるではないか!
エンサラーダ・カンペーラ(Ensalada campera)といって、田舎のとか、田舎ふうのサラダという意味です。田舎っていうのは…ジャガイモが入ってるからかしらん??

a0072316_19384923.jpg夏のプリメーロ(Primero、食事のひと皿目)としてポピュラーな料理なので、≪スペインふう家庭料理≫でも紹介しようと、ず~っと前からメニューに入れてあるのですが、そして日本に帰ってから何度も作ってるのですが…未だに写真撮った事がない…(・・;)

この際作るか、久しぶりに…っと、トマトとキュウリを買って来て作り始めたのはいいのだけど…ほぼ出来上がりという頃になって…ガァ~ン、アセイトゥーナがなかったやん!

オリーブの実の缶詰を切らしていたのである…ぐやじい

…なので写真は、本当のエンサラーダ・カンペーラではありません…スン

あ~ぁ…折角写真撮ったのに、又しても記事にできないではないか…という事で、とりあえず…「スペインのキュウリ」の話でもする?

スペインのキュウリ(Pepino-s、ペピー)は、日本のキュウリより、一般に太くて短い。そして皮の緑色が薄い。
太いという事は育っているという事で(?)、それも一様ではなく、大きさも不揃い。これは野菜一般に言える事ですが、多分「収穫」のタイミングが、日本ほど緻密じゃないのです? 従って(?)種は日本のより大きく、そして時には中がスカスカと乾いてしまってるのも…(スペインのスーパーなどで、セルフサービスで野菜や果物を取って量れるようになってるところがありますが、そういうところでキュウリを買う時は、いつもサイズの割に重たい「手重り」のするのを選んでおりました。)
皮は日本のキュウリより厚くて固め。普通は剥いて使う。丸剥き(…なんて言葉ある?…)ではなくて、ナイフでザクザク縦に剥いて行って、間に残った皮はそのまま残すような感じにする事が多い。その方が緑の色が残って奇麗だし…写真は日本のキュウリを同じように剥いたんですが…分かる?

そういえばある時、全部剥いちゃうと「苦くなる」ので「皮を残さなくてはいけない」と言ったスペイン人がおりましたが、これは多分迷信?
そういうキュウリは最初から苦かったんだと思うんだけど…日本でも昔は時に、苦ァいキュウリってのがありましたよね??

キュウリはかなりポピュラーな野菜で、みんなよく買う。でもそれを普通のサラダには余り入れず、又スペイン人はキュウリモミだのタコ酢なんていうのも作らない。ヌカヅケなんてものもない訳だし…という事は、一体何に使うのか?と言うと…
a0072316_1311216.jpg←コレ!

そう、スペインの夏の代表的な料理ガスパッチョには、キュウリが不可欠!

でも実はこれ、手抜きガスパッチョなので…

MICAN さんのこのレシピや、
AMIGOPLAZA さんのこの記事も、
ご参考になさって下さいマシ。

Posdata (追伸): 現在スペインにお住まいの方ほか、この記事からリンクできるような、「スペインのキュウリの写真」を提供して頂けないでしょうか? そういう写真(キュウリ?)をお持ちの方、是非お知らせ下さい。よろしくお願いします。スペイン以外でも、多分地中海沿岸は同じようなキュウリがあるのではないか?と想像してるのですが…

追記: cazorla さんから早速、こういうサイトをご紹介頂きました。画面をずずず~っと下の方に進んで、カーソル半分を過ぎた辺りで、[Pepino corto y pepinillo (“tipo español”)]というところに出て来る写真が、スペインのキュウリです。記憶よりもちょっと色が濃いんですが…もう少し色の薄いの、なかったかしら…(・・;) (2007年7月16日)
[PR]
by peque-es | 2007-07-15 12:37 | コーヒー・ブレーク
Ensalada mixta (スペイン風ミックス・サラダ)
2007年 07月 10日
a0072316_23184943.jpgタイトル予告をした記事2つ、何とかアップ。

下のゴミの記事は文をかなり書いていたのに、昨日写真を追加したのですが、このサラダの記事は、逆に写真だけアップして、なんと2月から放ってあった…(冬から夏になってしまったやん!)

…え~と、文はですね…ミックス・サラダ(Ensalada mixta-エンサラーダ・スタ)をスペイン風にするには?というお話なんですが…

先ずスペインのミックス・サラダに欠かせない材料から…
…え~と、トマトにレタス…(…って、日本と同じやん?)?
スペインのレタスはちょっと種類が違っていて、白菜を小さくしたような縦長の形をしてますが…(…というか、スペイン人は白菜を初めて見た時、大体「あのレタス (lechuga- レチュガ)の大きいようなのは一体何だ?」と言います。)…味はそんなに変りません。トマトは…スペインの方がおいしいような気がする…(T_T)「コシヒカリの経済」

それに好みによっては玉ねぎを少し…(…これも日本と一緒やん??…あ、でもスペイン人は普通、水で晒すなんていうソフィスティケイテッドな事はしないな…)

…で、ここからがちょっと違う。

キャベツの千切りは入れない。伝統的なスペイン料理では、キャベツは茹でるか、コシードのような煮物やスープの中に入ってるのが普通で、生のキャベツというのは余り食べません。最近はアメリカンなファースト・フードの店でコール・スローみたいなのを売ってて、スペイン人も食べてますが…。
それから生のキュウリも普通は入ってない。ピクルスを入れる事はあるかもしれないけど…

替わりに(?)入れるもの: aceituna-s (アセイトゥー、オリーブの実)の漬けたの、ゆで卵、缶詰のツナなど。
ホワイト・アスパラの缶詰を入れると、ちょっとゴージャスになる。
コーンや人参を入れる事も…要はミックスだから、何でもあり、なんですが、普通の「ミックス・サラダ」をスペインふうにするには、アセイトゥーナ、ゆで卵、そして、ツナなどの魚の缶詰、この3つは必須かも…特にオリーブの実があると、ぐっとスペインらしさが増しません?(マシマスマシマセ…)


日本のツナ缶を使う時は、フレークはやめませう。あれはちょっと細か過ぎ。
スペインだと miga-s (ミー-パン屑の事ですが、こういうものにも使います)と言われるものでも多少身の形があるのだけど、日本のフレークは全然身の形が見えないもんね…

ツナの替わりにオイル・サーディン(sardina-s en aceite)やアンチョビ(anchoa-s)などを入れたり…
ツナはスペイン語で atún (アトゥン)ですが、bonito (ボニート)と言うカツオを使う事もあり…又オイル漬けの代わりに en escabeche (エン・エスカチェ)と言って「酢漬け」の缶詰を使ったり…

…やっぱり何でもありか?(・・;)

で材料が揃ったところで、作り方…(…って、そんなん、盛り付けるだけやん? ドレッシングかけてェ…混ぜ合わせてェ…???)

…いいえっ、違います。
[PR]
by peque-es | 2007-07-10 13:34 | スペインふう家庭料理
ゴミの収集時間~>日本の「最新式」ゴミ・トラック?
2007年 07月 10日
a0072316_015576.jpg
…予告済みのタイトルを、又々変更してしまった理由はあとに書くとして、これはうちの近所の階段道に今を盛りと咲いている…ムクゲ? 下の方に覗いている青い色は紫陽花の花です。

さて、今を去る事ン十年、昭和40年代に大学生だった世代の事ですが、猛烈サラリーマンになりたくない(? ちょっと文学青年っぽいような?)学生達の間で密かに人気のある就職先は「清掃局」だっていう話があった。
理由は、公務員なので生活は安定してるし、朝ゴミを集めちゃえば、それで仕事は終わり、自分のやりたい事、好きな事をする時間が取れるからというような事だったのだけれど…

でも最近の清掃局の仕事は、そんなに甘くないみたい。日本のゴミが増えすぎたのか…
朝だけどころか、午前中一杯かかってもゴミの回収が終らない。近所の戸建地帯では夕方になってもゴミの山がそのままという光景もしばしば。
ま、暗くなってから回って来る清掃車というのは見た事ないので、残業まではしてないかもしれないけど…?

実はマドリッドのゴミ収集車は、その夜間…というか真夜中に回って来たのですね。
マドリッドでの最初の一夜、そのゴミ・トラックの騒音で起こされてしまった話はホームページのこの辺にも書いた事がありますが、不思議なことに、人間って慣れると、目が覚めなくなるのですね。

a0072316_18242771.jpgこちらは以前このブログでも取り上げたマドリッドのゴミ・トラック…あれ? そういえば、この地域では昼間にゴミ・トラックが来てたのね。地域によるのか? それともマドリッドの清掃局員の待遇が変ったのか?
でも、街の美観から言っても、交通の問題から言っても、夜中にゴミの回収をするのって、結構理にかなってたんだなと思いつつある昨今なのです。

というのも、今住んでいるこの辺りでは、普通ゴミの回集日が週4回から週3回に減ってしまい、
そうすると1回に収集されるゴミの量は当然増えて、
収集日のゴミ置き場は今までよりゴミ袋の山が大きくなり、
清掃車がゴミ袋を回収するのにより時間がかかる…

…という訳で、清掃局のスグお隣に住んでる方はどうか知りませんが、この辺ではあっちでもこっちでも、お昼をかなり過ぎないと清掃車がやって来ない、という情況になったのであります。

閑静な住宅地に、幾ら洒落た家を建て、丹精込めた庭を作っても、道路がこれじゃあ、街の美観も何もあったもんじゃない。最初の写真のすぐ側にも、実はゴミ箱とそれに入りきらなかったゴミの山があり…「美しき国ニッポン」も、この辺りじゃ、週に3回はゴミに覆われてるのが現状なのです。(*)

というような話をしようとして、
[PR]
by peque-es | 2007-07-10 01:23 | Japón,Japan,Nippon..
『スペイン電話事情その後』…の、その後…の追記
2007年 07月 03日
前の記事に書こうと思っていた事、他にもあったのに、忘れてしまってました。あんまり長く放っておいたからだよね…再度_(._.)_

忘れていた事のひとつめ:

現在スペインでは、固定電話とADSLを合わせた定額サービスのようなのが普及しているらしく、泊めて貰った友人宅でもそれに加入していた。インターネットと国内の固定電話への通話料が定額で、国内の固定電話なら市外でもかけ放題。

そもそも滞在中、自分のケータイを持とうと思った理由は、泊めて貰う友人以外の人との連絡用に、彼女の家の電話を余り使い過ぎて迷惑をかけたくないと思ったからなのですが、このサービスのお陰で、地方にいる友人にも、心置きなく電話をかけさせて貰った。
問題の定額料金はプロバイダーによって違うと思いますが、別の友人の話を思い出してチェックしてみると、ADSL20Mb+固定電話で月20ユーロ足らずのパックがあるみたい(*注)。電話だけで10ユーロ足らずのオファーもあります。下の記事に頂いた cazorla さんのコメントにある「国内かけ放題」というのも、これと同じようなサービスでしょうか?

ちなみにこのプロバイダー、スペインで初めて自宅でのインターネットを始めた時、フリーのサービスを利用したところです。当時は普通の電話回線でしたが、確か1時間1ユーロくらいの市内通話の電話料金のみでインターネットが利用でき、当時としてはスピードもあって、中々良かった。

で、後から考えると、固定電話への連絡は滞在した御宅の固定電話を利用させて貰い…
そして日本への電話は、前の記事に書いたインターネットのロクトリオを利用した…
…という事は、プリペイド携帯の課金方法は「携帯電話への通話料が一番安くなる」タイプを選べば、もっと節約できたんだよね…「固定電話と携帯への通話料が一律」なのを選んじゃったので、ちょっと損したかも?…と思っております。

そしてふたつめ:

滞在していた2週間の間、バスや地下鉄、そして一度は電車の近郊連絡線を利用して移動してたのですが、その間一度も、一度もっ!ですよ、ケータイでメールしたり、ゲームをやってる若者を見かけなかったのです。日本の電車の中のあの光景って、やっぱり異常な感じがしてしまうんだけど…

(*注: オファーをよく読むと、月額20ユーロ足らずというのは最初の3ヶ月間のプロモーションでした。以後の定額料金は、付加価値税込みで月34.74ユーロだって。今ユーロが高いので…でも6000円弱? 付加価値税というのは日本の消費税のようなもので、商品の種類によって税率が違い、電話は「サービス」なので、確か一番高い税率の16%です。)
[PR]
by peque-es | 2007-07-03 11:48 | スペイン:人、物、言葉…