<   2005年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
フランス語は数が数えられない?
2005年 07月 31日
(ホームページの「ひとりごと」から。作成日は月までしか書いてなかったので、日時分は出たとこ勝負…)

…と言って、石原都知事がフランス人たちから抗議を受けた。最後のクエスチョン・マークを付けずに半ば断定的に言っちゃったらしい。なんとまあ大胆な、というか無謀な、というか…
でも言ったんでしょ、多分…

12進法に比べて10進法の方が近代数学、というか算数に向いているのは確かかもしれない。
日本語の数の数え方は、日本人が算数、というか算術を比較的得意としたことに大きく関わっているということを、私も読んだことがある。それは非常に立派な面白い本で、石原都知事の発言よりもずっと深い知識に裏づけされていたと思うけど、その中でも12進法で数を数える言語が「数が数えられない」などとは、ひとことも言ってなかった。

今「日本人が算術を比較的得意とした」と過去形で書いたけど、これは意図的です。
簡便な計算器が普及している現代では、生身の人間の計算能力、特に暗算や筆算能力は、確実に衰えている。おまけに「ゆとり教育」だもんね。(≪少子化≫
ここ数年、世界の子供の学力テストでも、日本の子供は決して「数学や算数が得意」とはされてないはずだ。

フラッシュバックの≪お店の人≫の章でも書いたように、フランス語と同じラテン語系のスペイン語で計算するスペイン人たちも、結構暗算ができる。日本人と同じように九九も覚えている。スペイン語で九九を言うのはちょっとまどろっこしいけどね。
ゼロを発見したのは日本人ではなく、ガロアとかいう天才的数学者は確かフランス人だった…

おまけに現代数学は10進法だけではない。コンピューターは2進法? 最新の物理学や他の難しい学問では一体どんな計算方法を使っているのやら、見当もつかない。日本語の伝統的な数の数え方が、たまたまある種の計算方法に合っていたというだけで、日本語は「数が数えられる」けど「フランス語は数が数えられない」って言ったんだとしたら、あまりにも短絡的ではある。

要は石原都知事が「フランス語で数が計算ができるところまで」は、フランス語を勉強しなかった、というのが正しいのではないかと思います。数字や計算の概念というのは言語中枢とは別のところで処理されるのではないかと思うんだけど、「外国語で計算する」というのは、かなり難しい作業なのです。
で問題は、それをポロッと(?)公の場で(?)口に出しちゃったことでしょう。
自分が知らないものを知っているような、それほどやってないことをやったような錯覚は誰でも陥りやすいものではあるけれど… 日本では特に、ちょっと何かができたら、それでもう「すごくできる」みたいな錯覚が、広く蔓延してるような気がする。アマチュア大国ってことかもしれないけど…
石原都知事も「フランス語をやった」ことがあると、そう思ってたわけでしょう?

うちの近所の駅前にはかつて「○○PRAZA」と堂々と書いた雑居ビルがあった。PURAZA とでも書いてくれたのなら、まだしも「ローマ字」ということで通せなくもないんだけど。

そういう例は多分、収集して挙げ始めたらキリがなくなるでしょう。語学が苦手な人を非難しようとしているのではないのです。語学が苦手なら苦手でいい。苦手な外国語を「使う」前に「辞書を引く」という姿勢がないことを非難しているのです。「知らない」ことの自覚がないのが、嘆かわしいのです。何でもひとつのことを「知ってる」というには、ハンパじゃない道のりがあって当然なのに、その道のりの100分の1くらいのところでも「結構知ってる」ように思わせる社会が不安なのです。

ついでに言うとね。ネイチャー・コールは「おしっこ」のことではない! 
「自然の呼び声」だ!!
それが「おしっこ」を意味することもあるという英語のセンスを教える代わりに、「=おしっこ」という教え方で子供がバイリンガルに育つような、そんな「幻想的」なコマーシャルはやめて欲しいんだけど…

2005年7−9月
[PR]
by peque-es | 2005-07-31 23:48 | その他、色々、なんとなく…
Chipirrones a la plancha (ヒイカの鉄板焼き)
2005年 07月 11日
(ホームページの≪スペインふう家庭料理≫をブログに統合し、記事を持って来ました。記事の年月日はオオヨソです。)

前章「ホタルイカの天ぷら」を見ても分かる通り、アングロ・サクソンやゲルマン民族とは違ってスペイン人はイカ、タコの類を全然気にしないで食べる。イタリアもそうだけどラテン系の国、そしてもしかしたら、ノルウェーなど北欧の国でも食べるんじゃないかと思う。余談ながらスペインの南の地方には、バイキングの血が混じってると思われる髪や目の色をした人がいるもんね。

子供の頃、欧米じゃあイカやタコは食べないと言われた記憶があるけど、あれは欧米=アメリカ、イギリス、ドイツ…というような、その時代の狭い世界意識を反映していたのかも…

で、そのイカ、タコ類の食べ方ですが、タコはちょっと別の項にゆずることにして、イカを、スペイン人はどう食べるのか? 先ず、大きく4種類に分けることにしませう。

① Sepia(s) は日本でお刺身にするようなヤツ、もんごうイカ
② Calamar(es) は日本で焼きイカにするようなヤツ、やりイカ
③ Chopito(s) はチョピッと危険なホタルイカの天ぷら
④ Chipirron(es) は大きさにして②と③の間くらいの、日本では何というのか知らないヤツ…

…と思っていたら、ある日スーパーで見つけたのである。「ヒイカ」と書いてあった。これはいい、これで Chipirrones a la plancha (鉄板焼き)ができると思って勇んで買って帰った。
ソージは至ってカンタン。足を持って内臓を引き抜き、フネも引っ張り抜いて、あとは例のごとく、ニンニクとパセリ、塩で味付けして、(オリーブ)油をしいたフライパンで焼くだけ。
足も勿体ないから、切り取って一緒に焼こう。
目はちょっとコワイので、内蔵と一緒に捨ててしまおう。

そうやって出来たのですが、そしておいしかったのですが、ですがですが…… 焼いたらサイズが縮んでしまったヨ! Chipirrones ではなくって Chopitos くらいの大きさになってしまった。
スペインの野菜は日本より大きいけど、魚介類もそうなのか!?

その後、もう少し大きめの「ヒイカ」がスーパーに出ていた時に再度トライしてみましたが、焼きあがるとやっぱり小ぶり。でもイカを「ニンニク」で油炒めした味は、日本料理にはないオイシサですので、興味のある方は是非試してみてください。チョピートスのように調理に危険も伴わないので、オススメできます。

ところでこの「ヒイカ」は「ホタルイカ」と違って「生」で出ていた。ということは、大きさから言って
これを丸揚げにしてみたら Chopitos になるだろうか?
一番のポイントは、「生」に衣をつけて揚げれば、「ボイル」に粉をつけて揚げるより「油がハネ
ない」だろうか? ということだけど…やっぱりハネそうでコワイ。それに「ヒイカ」の内蔵と目って、丸揚げにする(そして食べる)にはちょっと抵抗のある大きさのような気がするんだけど…
焼いたらサイズが縮むということは、揚げても縮むはずなので、相対的に目も、あの目で見られてもコワクないくらいの大きさに縮むのでしょうか?????

尚①のモンゴウイカも、スペインじゃ「鉄板焼き」にして食べることが多い。②のヤリイカ(?)は輪切りにして天ぷらにする。a0072316_12374960.jpgこのイカのリングをバゲット状のパンに挟んだ bocadillo de calamares は安くて食べ応えのあるオヤツ、又は軽いランチ、又は夜食、その他もろもろとして、スペイン人なら誰でも「あそこのイカのボカディージョ、学生時代に良く食べたなあ」という、思い出の店を一軒は持っているような、そんなメニューです。

又有名なイカスミ、「イカの墨煮」によく使われるのは、今回鉄板焼きにしたのと同じ chipirrones 。その他色んな使い方があるけど書ききれないので、ここまで。
尚写真は「スペインのイカ3(イカとバゲット)」より。
[PR]
by peque-es | 2005-07-11 15:44 | スペインふう家庭料理