カテゴリ:その他、色々、なんとなく…( 85 )
むゎゎゎ~
2010年 09月 15日
a0072316_11504381.jpg…と、2歳の誕生日(今日)の前日シャンプーされて、その後ベランダで大あくびのビンゴくん。

a0072316_11591139.jpgこちらはタオルドライの後でオヤツを貰ってるところ。

諦めずに耳の毛を伸ばし続けていたら、最近時々垂れるようになった。

a0072316_1204521.jpgでも散歩中は常に後ろ向きに立ってるので、名前を未だ覚えて貰ってない?他の飼い主さんからは「ウサギちゃん」と呼ばれたりしてる…
あ、隣に写ってるのは「いないいないパーペットのオサル」と申します。少し前に通販で買ってやったのを、この際誕生日プレゼントという事にして、ムリヤリ横に置いたもの。
a0072316_1232389.jpg
分かりにくいけど、顎だけじゃなくて両手もソファのアームに乗っけてます。

この一年で1キロ半くらい体重が増えたビンゴ君。一年前の写真を見ると、やっぱり今より子供子供してて華奢な感じ。

色々ありましたが、そして未だ色々ありますが、去年はお誕生日の記事も書けなかったので、今年は前日の昨日からちょっと頑張って写真撮りました。

飼い主の方は既に人生の縮小期に入ったな…て感じで、あと数年はビンゴ君の方が若いから、頑張らなくっちゃね…

精神的にも物理的にも、パソコンに向かえる時間が以前よりずっと少なく、人生の縮小=パソコン生活の縮小→ブログやホームページの整理…という図式が頭の中で出来つつあるけど、整理するにはそのパソコンに向かわないといけないワケで…

で、残りの人生で「本当にやって置きたい事」は何か? とか、とりとめなく考えるのに又時間がかかるワケで…

まあ「ちょっとスペイン」で行きませう…

※ 追記: バースデイ・ケーキの替りにバースデイ・ランに連れてってやろうと思いながら、暑かったり天気が悪かったりで中々実行できなかったのですが、2週間遅れの29日にやっと行って来ました。
a0072316_11182145.jpg

a0072316_11203639.jpgオトモダチのトイプー、くうた君が付き合ってくれました。

a0072316_112437100.jpg諦めずに毛を伸ばしていたら最近垂れて来た耳だけど…

…走るとたなびく…
(2010年9月30日)
[PR]
by peque-es | 2010-09-15 12:53 | その他、色々、なんとなく…
元気にしてます。
2010年 01月 19日
大変ご無沙汰しております。
この間色々ありましたが、元気にしてます。

一年前の昨日、遠方でひとり暮らしだった叔父が亡くなり、それを皮切りに、普通の年の何年分かの事が次々に起こってしまったような去年一年。おまけに仔犬の子育て真っ最中で、正にドトーのような日々でしたが、やっと少し落ち着いてきました。

とはいうものの、その分疲れが出て来たのか、散歩と最低限の家事をこなすと、昼も夜も眠たくなる今日この頃…
もちっと休みます。

この間、ビンゴ君の1歳の誕生日にも何もできず…
うちに来て一年目の記念日にせめて記事を書こうとしたのだけど、結局書き終わらず…
ブログやパソコンなくても全然生きて行けるなあ…なんて思ってしまったり…
元々ブログに向いてない自分の性格を改めて認識したり…
ハンドルネームの世界に限界を感じたり…
今後どうしようか、考えを整理する時間もなく…

それから更に2ヶ月が過ぎて年も変ってしまいましたが、
最後の記事をコメント不可にした事もあって、思わぬ心配をおかけしてた事があったようで…
今後どうするかは未だ決めかねておりまするが、とりあえず「元気にしてます」というご報告だけでもせねばという事で…(・・ゞ
a0072316_1227513.jpg元旦に妹の家に連れて行った時の一枚。前の記事に書いたリュックです。

サイズ的には、1歳4ヶ月で体重も6キロ台になった今がギリギリ?

以下、ビンゴ君が、この「ちょっとスペイン」な家にやって来て一年目の記念日に、書こうとした記事に、載せようとした写真、を何枚か。
a0072316_16371987.jpg
飼い主がテーブルで何か食べてると、横にやって来てオスワリ…てかヨコズワリ。

で「ちょっと横座りですが」と言うと、何か貰えると思うらしく座り直したりする。でもこの時は何ももらえなかったのか…ア・ク・ビ


a0072316_17162993.jpg一歳になった9月頃の写真から立ち姿を一枚。体長や体高は今とほぼ同じだけど、最近はも少しガッチリとして毛も密生して来た感じ。

仔犬の成長は日々刻々で、性格や行動、そして対犬関係の変化については書ききれないので省略しますが、相変らず人には甘えん坊でくっつき虫、犬にはフレンドリーで、トイレはちょっと(かなり?)アバウトながら、そして耳は両方共立っちゃったけど、中々のフォックステリアになって来たよ? ビンゴ君

a0072316_2237494.jpgリュックを買った8月上旬、付属品の携帯用ペットドームの中でくつろぐ?

その右に写ってるのが(分かりにくいですが)リュックを畳んだところ。ドームは入口をチャックで閉められるようになっていて、写真はその「ドア部分」を巻き上げて留めたところ。リュックにはこのドームを畳んでピッタリ入るポケットがあり、リュック自身も2段階でサイズ(奥行き)を変えられる。リュックにもドームにも、特に教えなくともスンナリ入って、運ばれたり、こうやってくつろいでるところを見ると、結構居心地いいのでせう。

リュックの中には飛び出し防止のフックが付いてますが、中でマッタリ丸くなってたので大丈夫だろうとタカを括って留めないで出たら、マンションの階段を上ってる途中で起き上がり、頭出し穴を鼻で押し開け?(…チャック、閉めてたと思うんだけど…)頭だけじゃなく足も出して飼い主の背中をよじ登り始め…どもこもならん…ところを、通りかかったご近所の人に助けて貰った事あり…

ドトーの日々には、このリュックで毎日のように移動し、散歩の時間が短くなったり、ずれてしまった日もあったけど…
夏のある日、その日は夕方陽が陰ってからの散歩が不可能だったので、4時頃にせめて大好きな公園にと連れてってやったら(その日は曇りだったのでそんな時間に行けたのですが)、真夏の4時の公園なんて人も犬も誰も居ない! 元々その公園が好きな理由のひとつは、そこへ行くと必ず集まってる犬たちが居るからだと思えるビンゴ君、はしゃぎ足で伸びるリードを引っ張って草地に飛び出したのに、だあれも居ないもんだから、途中でビックリしたように立ち止まり、肩越しに振り返って「誰も居ないよ! みんな、どしたの?」と言うようにこっちの顔を見上げ…それでもボールを投げてやると一生懸命はしゃいでみせてたのが、何ともいじらしくて…

この一年2ヶ月ほどの間に、写真には撮り切れない数々の瞬間や表情をプレゼントしてくれたビンゴ君。写真はなくても、そのひとつひとつを、いつまでも覚えていたい。

彼の一生に、どうかできるだけ沢山の楽しい時間(彼にとって)がありますように!

最後に今朝のマッタリ写真を2枚。
a0072316_1322588.jpg
ちょっと固くなったフランスパンのハジを貰ってゴキゲン…
a0072316_132516.jpg
冬のバーゲンで買った特大クッションの上で…スネ寝?
[PR]
by peque-es | 2010-01-19 13:38 | その他、色々、なんとなく…
暫くお休み
2009年 08月 07日
実家の母が骨折・入院という非常事態発生で、暫くブログをお休みします。

皆さまのところへのご訪問、コメントのお返事も暫くできませんので、コメント不可とさせて頂きます。

この間ビンゴ君を(?)見に来て下さった方たちへ:
ビンゴも飼い主と一緒に実家と行ったり来たり、泊り込んだり、頑張ってくれてます。
で、こないだから迷ってたリュック・キャリー、遂に注文しました。結果は中々グー!
又落ち着いたら写真入りで報告します。
蒸し暑い日が続いてますが、預かりボランティアさんたち、頑張って下さいね。

取り急ぎ…
[PR]
by peque-es | 2009-08-07 11:21 | その他、色々、なんとなく…
「がんもどき」をスペイン語で言うと?
2009年 07月 09日
a0072316_0213334.jpgこれ、スペイン風でも何でもありまへん。

久しぶりにおいしそうなトマト)を見つけて、でたまたま冷蔵庫に「サラダ豆腐」というのがあって…

そういやイタリアンにはトマトとモッツアレーラ・チーズのサラダ、なんてのなかったっけ?
モッツァレラの代わりに豆腐ってど~よ?

と連想し、スライスしたトマトにサラダ豆腐を和え、塩、オレガノ、オリーブ・オイル、酢を振りかけてみたっていうだけです。

で何故豆腐からモッツァレーラを連想したかっていうと、豆腐とチーズって、原材料は違うけど似てると思うのですね。牛乳が固まったらチーズ、豆乳が固まったら豆腐…ってまあ、そんな単純じゃないかもしれないけれど…(・・ゞ
でも特にモッツァレラのような柔らかいチーズ、固めの豆腐みたいだと思わない?

スペイン語でチーズは queso (ケッソ)といいますが、スペインにはそれより柔らかい requesón (レケソンというものがあり、言ってみればナマのチーズみたいな感じ。
今これ書くために日本語でなんていうのか辞書をひいたら()、凝乳、カテージチーズ…いやあ、コッテージ・チーズってレケソンだったのね!?(今更何言ってんだか…)

つまりその、日本でコッテージ・チーズなんていうのが出て来たのは比較的最近の事で、昔はレケソンはレケソンと思ってたって事ですが(…益々何言ってんだか分からんではないか…)

で日本語でなんて言うか調べる前に、スペイン語の定義をスペイン王立アカデミーの辞書でチェックしてたんですが、それによると「ミルクの固まったの」とか、「チーズを作る時の副産物」なんて出てきますデス。

…コッテージ・チーズってチーズ作る時の副産物??

まいいや、何が言いたかったかていうと、詳しい製法とかは知らないままに、レケソンていうと普通のチーズよりも柔らかくてフレッシュな感じがするので、スペイン人に「豆腐」の説明をする時に「requesón de sojas、つまり大豆のレケソン…みたいなものよ…」っと説明してたワケ。
豆腐だって詳しい製法なんて知らないワケで…
ゴタゴタ説明するより、こういった方が彼らも分かったような顔するワケで…(…ってそれでいいのか?)

でも当らずとも遠からずって感じしない?

でまあ、モッツァレーラ・チーズの代わりに豆腐を入れる、つまり豆腐をチーズもどき、又はレケソンもどきとして使ったワケで…(…ところでモッツァレーラってのはコッテージ・チーズなのか??)

…って思っててヒラメイタ!

そうだ、例の言葉は「もどき」と訳せば良かったのだ! という事。

例の言葉とは: ホームページのおまけとして載せたロシア人のチステ(ジョーク)で「なんだかんだ」とゴタゴタ説明してる、「ロシアの」という形容詞が持つニュアンス、これをひとことで言えば「…もどき」じゃないかと。

普通の肉のステーキを filete というのに対し、ハンバーグ、つまりミンチ・ステーキの事をなぜかロシアン・ステーキと言ったり、

普通のサラダを ensalada というのに対し、ポテト・サラダをロシアン・サラダと言ったり、

更にはスペインで「かにかまぼこ」が出始めた時に、あるバーのボーイがそれをいみじくも「ロシア(人)の蟹」と表現したように、スペイン語でロシアンという形容詞には「正統派・オーソドックスなものとはちょっと違う、少し格下」みたいなニュアンスがあるわけですが、これって「…もどき」って感覚と似てない?

つまりミンチ・ステーキは「ステーキもどき」、ポテト・サラダは「サラダもどき」、そしてかにかまぼこは「蟹もどき」なわけですよ…

ここで、「普通のサラダよりポテト・サラダの方が好きなんだけど、なんで格下なの?」なんて事は言わないで欲しいの。そもそも、ホームページにも書いてるように、そういうニュアンスを何故「ロシアの、ロシア人の」という言葉で表現するのか、その理由も調べておりませんので…_(._.)_

ここでもひとつ連想したのが「がんもどき」…
…「がんもどき」って「雁もどき」?〈・・・あれって雁と関係あるんですかね??)
…て事は(雁は ganso だから) ganso ruso...(…てなワケ、ないじゃないか! ないと思う…ありませんので…誤解なきよう…)

という訳で、久しぶりに≪スペイン語ひとくち知識≫でした。

尚、余りにも調べてない事の多いクエスチョン・マークだらけの記事なので、以下ウィキペディアで検索してみました。ご参考に。
カッテージ・チーズ
モッツァレーラ
チーズ

レケソンもモッツァレーラも「非熟成チーズ」の中に入るようで、そういう意味(普通のチーズより「ナマ」って感じ)で一緒にしたのは間違ってなかった?(…我田引水…)

ついでにがんもどきも。

それから写真のサラダは結構満足の行く味に仕上がり、その後「…同じイタリアンでアンチョビ風味ってどうよ?」「アボカド入れてみる?」等々、エスカレートしております。


※ それから↑のトマト、これはスペイン語ひとくち知識とは関係ないけど、
[PR]
by peque-es | 2009-07-09 11:08 | その他、色々、なんとなく…
くちなしの花
2009年 07月 01日
a0072316_12593158.jpg買って以来5年くらい花を咲かせなかったのが、咲いた!

(ちなみに右の蕾は野ボタン。奥で枯れてるのは馬酔木…買った時は花がスズナリになっていて、これは絶対薬か何かで人工的に咲かせてるなとは思ったんですけどね…)
[PR]
by peque-es | 2009-07-01 13:06 | その他、色々、なんとなく…
中間報告
2009年 06月 03日
腱鞘炎は一進一退しながら良くなって来てますが、もう少しお休みします。
で以下、中間報告というのもヘンだけど、この間のビンゴ君と「ちょっとスペイン」を断片的?に…
a0072316_1016950.jpg
先ずシャンプーされたら眠たくなっちゃったビンゴ君。まあそういう時間を狙ってシャンプーしたワケだけど…

昨日の夕方の散歩で、初めて片足を上げてシー! 
今までに2度程、あれ? 足上げてる? という感じの時があったのだけど、足を上げると言うよりも「片足が浮いちゃった?」みたいな感じだったのが、今回ははっきりと足を上げて、今朝の散歩でも2回の内1回は、足を「上げた」雰囲気。
a0072316_10245469.jpgついでに上の寝顔と肉球(↓の2枚)のアップ。

雨の後の散歩や、シャンプーの後の奇麗になった肉球、寝顔やヘソ天の寝姿と同じく、見飽きません。

a0072316_10251644.jpga0072316_10253118.jpg
8ヶ月半を過ぎて、元々小柄なのと、お腹の調子が安定しなかったりで増え悩んでいた?体重もやっと5キロを超えて来た感じだし…
そのお腹も落ち着いて来て、フィラリア予防の第1回も終わったところで、牛革チューインガム、デビューしてみた。

a0072316_1041506.jpg初めてやった時は、夢中になって噛む事噛む事!
寝るのも忘れてクッチャクッチャやってたのが、今日あたりはもう、途中で飽きて?放り出し(→)

取り上げなくても寝るようになりましたが、他のオモチャに比べて「ひとり遊び」が持続するのは確かで、丸呑みしないように時々チェックはするものの、家具をかじってゲホしないか(↓写真参照…)、
a0072316_1215895.jpgトイレシートを食べちゃわないかと、四六時中見張ったり、オモチャを咥えたところでワザと追い掛け回して遊んでやったりするのに比べると、飼い主超ラク。
クッチャクッチャやってる間に虎刈りだった毛を揃えてやって、小虎刈りくらいになったし!
ところで、ナショナルの犬用バリカン、欲しい方いらっしゃいませんか? ビンゴ君が赤ちゃんの時に、いずれ使うかもとネットで買ったのですが、結局ハサミでカットしちゃってるので、もし使って下さる方がいれば、お安くします。未使用で未だ保証期間内です。興味のある方は非公開でメール・アドレスを書いてくだされば、詳細をお知らせします。

a0072316_16301912.jpgヨダレでグチャグチャにならないようにマット敷いてやると、一応マットの上で噛んでます、時々ハズれてますが…(ハートのエースが見える写真に変えました。

a0072316_10543724.jpgこれは昨日の、クッチャクッチャの後の昼寝。
片足上げてオシッコするようになってもマダマダ赤ちゃん。できるだけ長く赤ちゃんで居て欲しい気持ちもあるし…
年の割に落ち着いているとよく言われ、飼い主もそう思うのですが…
他の犬に対しては超フレンドリーで、大型犬とも小型犬とも、又年上の子とも自分より小さい子とも、吼えたり乗ったりする事無く、落ち着いて接する事ができ、獣医さんも「このまま(他の犬や人から)イヤな思いをさせられないように気をつけて2,3歳まで行けば、元々積極的で、本質的に怖がりじゃないから、どこにでも連れて行ける犬になりますよ」と。

大型犬にも怖がらずに近づき、怖がりの子にも優しく接する事ができて、それぞれ飼い主さんから喜ばれるので、こっちは飼い主として鼻高々? 鼻の下が伸びる?? とにかく、一緒に散歩するのがとても楽しい子です。
余り会えないけれど、会うと必ずレスリングになるプー君(豆柴)やモコ君(保護犬だったと言うハイパーなトイプー君)、体も歳も大きいけれど一緒に遊んでくれるアム君(黒ラブ)やルーク君(アイリッシュ・セッター)やハニーちゃん(ゴールデン)、その他ビデオにでも撮りたいようなシーン満載のビンゴ君の散歩なんだけど、飼い主依然としてカメラを持って散歩する余裕なし…

大型犬といえば、先日以前預かって貰ったアリーナ・ドッグスクールに久しぶりに行ってみたら、グレートデンのブラック君が遊びに来て、先生が「ビンゴも入る?」
近所のお友達は、大きくても黒ラブ止まり…あ、あとニューファンドランド??…なので、大きいと言っても、ビンゴ君が後足で立てば胸に前足が届く体高なのだけど、
初体験のグレートデンはさすがに大きくて、トレーナーの先生曰く、「ちょっと固まってますね」。
だって背伸びしても届かないんだもんねえ、ビンゴ君…背中ツンツン突っつかれちゃったし…
でもシッポを仕舞う事なく、最後は「遊んで、遊んで」ってやってた?
途中でこっちを探して頼るような目つきをしたのが、飼い主としてはひとつの収穫。そういえば散歩の途中でも、自分の行きたいところと飼い主の行きたいところが一致しない時? どっちに行っていいか分からない時? こちらを見上げて目を合わせるようになった。誰にでも付いてっちゃいそうで、又興味のあるものにドンドン行っちゃうので、呼び戻しなんてできるんだろうか? と心配してた飼い主ですが、信頼関係が少しづつ出来て来たかな?と思う今日この頃です。

飼い主的には、同じワイヤーといつか遊ばせてやりたいな~と思うのですが、先日そのワイヤーが出没(?)すると聞いて行った公園、その時は来てなくて残念。

そういえば、以前のお泊りの時の写真がこの辺にあります。
あの頃は耳が折れていて、今回スタッフのみんなから「耳立っちゃったねえ」と言われたビンゴ君。
まあ立ったら立ったでいいかと、毛を切らないのみにしてるのですが、全然切らないでいたら余りにもボアボアでデカ耳に見えるので、今回毛先だけちょっとカット。
a0072316_11355563.jpg
…あんまり効果が分からん…

これは散歩に行こうと胴輪を着けたら、「ドライブなら行く」とばかりに、ドライブ用のエコバッグの所に行って座ってるところ。

サークルに逃げ込んで居ても、このバッグを玄関に持って行くとトットコ出て来て自分から入るし、先日なんて、前の日もドライブしたので今日は普通の散歩だなあと思ってたのが、他にドライブする用事が出来て、「じゃあ今日もドライブにしますか?」と言ったら、ワンとのたもうた…
でも夕方の散歩は、ドライブがなくても1時間は軽く行くのに、朝の散歩はどうも省エネ気味で、極端な時はマンションの入り口から表通りまで、せいぜい10数メートルを往復して、でも行きにC、帰りにUとか、効率のいい?ビンゴ君です。

ビンゴ君の近況報告が終わったところで、ちょっとスペイン的に最近思った事ふたつ。
a0072316_1147293.jpg先ず、最近スーパーでゲットしたリモ・ナーダという飲み物。念のために商標消しましたが、説明によるとスペインが発信地らしいの。
でリモ・ナーダはスペイン語でレモネードの事、とあるのだけれど…
商品名 LIMON & NADA は正確に言うと「レモン・アンド・ナッシング」の事。
つまりレモンだけしか入ってないって事で、炭酸が入ってないレモン・ジュースは好みでいいのですが、スペイン語のレモネードは LIMONADA (リモナーダ)であって LIMON & NADA ではないのが、ちょっと気になる…
ま、大した事じゃないんでせうが…
ちなみにスペイン語で LIMON & NADA を読むと、リモン・イ・ナーダ。で多分リモンの最後と次のイが繋がって、リモニナーダ、みたいな発音になるかと…
以上、ミニ「スペイン語ひとくち知識」。

もうひとつ、コンビニで薬を販売というニュースで思った事。
薬を売るというのは生活にとってバイタルなサービスのひとつなので、スペインの薬局は元から24時間態勢。同じ地区の薬屋同士で当番を決めて、夜間、休日でも必ず開いているところがあるという風になっている。
それに比べて日本の処方箋薬局ってどうよ? というような記事を前にも書いたけど、その隙間をコンビニが埋めるわけね?

…今の日本、コンビニがなかったらど~なる??
a0072316_12243375.jpg
…というようなところで…

…んじゃオヤスミナサイ…モゴモゴ…(薄目を開けてこっちをチェック)






a0072316_12584660.jpg
……







a0072316_1259366.jpg………
[PR]
by peque-es | 2009-06-03 13:12 | その他、色々、なんとなく…
≪ちょっとスペインの音色…≫最後の曲
2009年 04月 16日
ほぼ休止状態ながら、たま~に更新していたジオログの≪ちょっとスペインの音色 & petitesmusiques≫、ヤフーのポッドキャストがサービス終了という事で、最後の曲をアップしました。
これまで聴いて下さった方たち、ありがとうございました。

ポッドキャスト終了という事でか、ジオログからは「聴く」のボタンがなくなってしまったので、今までのような連続再生(今までの曲が続けて聴ける)はできませんが、ダウンロードのボタンを押すと試聴できます。(ヤフー・ポッドキャストのサービス終了は4月30日という事で、こちらには未だ「聴く」のボタンがあり、多分今月末までは大丈夫です。)
[PR]
by peque-es | 2009-04-16 21:24 | その他、色々、なんとなく…
かつての輝き
2009年 03月 20日
a0072316_9584832.jpg…ダジャレる(?)つもりは毛頭なかったのだけど、たまたま、汚れに汚れていたやかんを磨こうと思い立ち、磨けてみたら写真に撮りたくなり…で書きかけの記事にコジツケ(?)てしまった写真…
時間と根気の限界で、かつての輝きを全て取り戻すには至っておりませぬが、90%くらいは取り戻せたかと…

で本題。少し前に adriatic-sea さんのところで、世界のどんな国、どんな場所でも、「かつての輝き」みたいなのが失われつつある現象があるんじゃないかというような話をした事があった。

adriatic-sea さんが、クロアチアという国に昔のような気持ちを抱く事ができなくなって、ブログでも色々試行錯誤されたと書かれ、でもそれはクロアチアに限った事ではないんじゃないか?というような話をしたワケです。
スペインにしたって、なんだかんだ言って、20数年住んだ内で一番懐かしく思い出されるのは最初に留学した頃、つまりスペインが国際社会から或る意味閉ざされていたフランコ時代を抜け出したばかりの頃だったりするワケです。
勿論、或る意味気楽な留学生活と、その後の仕事をしながら、税金その他スペイン人と同じ立場で、その社会の一員となっての生活との違いも、多分ある。
そして、EC加盟や近代化のプロセスも、中でそれを生きた経験は貴重で、大らかさとユーモアを忘れずに逞しく突き進んで行ったスペイン人たちから、かけがえのない何かを教わった事は一生の宝で、忘れられない思い出が一杯ある(…万が一、その思い出の幾つかを詳しく知りたい方がおられましたら、ホームページの「フラッシュバック・スペインをお読み下さいマセ)。
だけど或る時、人は死ぬ時に、それまでの人生の全てが走馬灯のように駆け巡るというけど、自分が死ぬ時には一体どんな光景が甦るのだろう…というような事を考えていたら、昭和の田舎で過ごした子供時代、そして初めて行った頃のスペインでの思い出が浮かんで欲しいというような、そんな気がしたのですね…(あれ? これ前にも書いてますね…)

そして、スペインを去って以来のスペインは、今までよりもずっと早いスピードで変りつつあり、『あの「非常にスペイン的な」何か…』が今後も生き続けるのか、それとも新しい波に押し潰されて消えてしまうのか、今は見当がつかない…

例えば年寄りが「昔の方が良かった」と言うのは、いつの世もあった事なんだろうけど、今起こってるのは、もしかするとそれとはちょっと次元が違うのでは?と思う事がある。
世界のどんな国に行っても、携帯電話にインターネットのある生活が普通になり、それぞれの土地が昔から育んできた生活様式みたいなものが急激に変化しつつあるのではないかという事。

で話のレベルが一転して、テレビ・ドラマ。()
ケーブル・テレビでお気に入りだった「ジュリー・レスコー」(ミステリ・チャンネル)の最新作を見ていたら、どうもジュリーは転属(栄転?)になったらしく、今までは非常にフランス的と感じる風景ややりとりに覆われていたシリーズが、なんか一変してるの…
古い石造りの建物みたいなのだった地方の警察署の代わりに、モダンな大都会のオフィスに移ったらしい主人公のジュリー。スペイン人たちのやりとりを思い出させてくれた部下や上司、仲間たちとの関係も、新しい上司や部下との間ではちょっと趣きが違う。何だかツマンナクなったみたい…

ミステリ・チャンネルではないけれど(AXN)、「コールドケース」という、過去の迷宮入り事件を再捜査して解決して行く、アメリカ版「お宮さん」みたいな(?)シリーズがある。余談ながら、登場人物の過去と現在を演じる俳優たち、あれが年を経てこれになったのね…という感じが結構出てて、毎回よくまあピッタリの俳優を探して来るもんだと感心する。
毎回、事件の起こった時代のヒット・ミュージックが散りばめられているのがツボ、なんでしょね? 見る人に、こういう時代があったなあという思いを呼び起こす…

そしたら今度は、「迷宮事件特捜班」とかいうイギリスのシリーズがミステリ・チャンネルで始まり、そ~か、お宮さんみたいなのって、どこの国でも人気があるのね~…なんて思ってたんスけどね…

こういうテレビ・ドラマが作られて、それが結構面白いというのが、只の懐古趣味なのか? そしてそれが一国にとどまってないのは、只の偶然なんだろうか? みたいな事を考えるワケですよ。

で、少し前に終わった「時空刑事1973」というシリーズ(これもミステリ・チャンネル)、この結末がかなり予想外で…
これはイギリスのドラマで、現代の刑事?だったか、事故に遭って目覚めてみたら、そこは1973年の警察だったという、タイム・スリップとサスペンスがゴッチャになったようなシリーズだったのだけど、徐々に分かっていくのは、タイム・スリップはどうも、事故に遭って昏睡状態にあった間の出来事、言わば夢というか、無意識の世界で起こっていた事で、そして治療の結果主人公は現代に戻って来るみたいなのですが、すると、あんなに帰りたいと思っていた現代の居場所、それが、嫌悪していた昔の警察のやり方、それを普通と思っている上司や仲間たちのいる世界と比べて、何か味気なく(?)感じられてしまう(…すいません、じっくりず~っと追ってたわけじゃないので、粗筋ちょっといい加減かも…)。

そして、最後に彼は、1973年の世界に帰る決意をしてしまうのですよ!
携帯電話もパソコンもなく、何をするにも不便で仕方が無い社会、あんなに批判し、時には嫌悪していた1973年の上司や仲間(そしてそんな中で彼を支えてくれた女性警官)のところに戻って行く決意を!!
その途端にバックには「…ああ、又意識が無くなる…」というような医療関係者の声が響いて、そして心停止を想像させるような機械の音、でも彼は微笑んでいるというような結末だったような…
…何が予想外だったかって、最後は現代に戻って来るんだろうなというのは予想してたんだけれど、それが又過去に戻る決心をして戻って行ってしまうっていう結末が、ちょっとドキッとする位予想外だったの。
で、よくよく考えてみると、上に挙げたシリーズの中で「回顧趣味的」と言えるのは、これと「コールドケース」。「お宮さん」と「迷宮事件…」は、過去の事件を取り上げるという意味では似てるけど、特定の時代を懐かしく感じさせるようなディテールは、あんまりないかも…)
で、もひとつ考えてみると、音楽に関しては、確かに昔の方が面白かったと感じる面もあったりして…「コールドケース」は同じように感じてる人のツボを突いてる?


…いつもの事ながら支離滅裂でまとまりませぬが、「昔の方が良かった」っていうのが、もしかして年寄りの言い草に終らなくなってるのなら、今の若者たちがかわいそう。これから大人になる子供達にとって、世界が「かつての輝き」を取り戻し、或いは今ある輝きを失わずに居るためには、一体どうしたらいいんスかね? 

…というような事を思ったりするワケです。

(※ 先日、「久しぶり」の記事で「暗かった写真」、ADOBEのフリーソフトで自動補正してみたら、ビンゴ君の顔が見えるようになったので、記事に追加しました。)

※※ 小文字部分、付け足しました。(2009年3月23日)
[PR]
by peque-es | 2009-03-20 12:35 | その他、色々、なんとなく…
パソコンが…
2009年 02月 20日
…なんとなく息絶えだえ?

今は一応使えてますが、いつダメになるか分かりまへん…

(…そろそろ買い替えの時期ではあるんだけれど、出費は痛い…今見積もり待ってます)

元々チョー不定期更新なブログので、まあそんなに目立たない(?)とは思いまふが、一応お知らせ…
[PR]
by peque-es | 2009-02-20 11:16 | その他、色々、なんとなく…
経済ってワケワカラン…
2008年 10月 29日
株価がいとも簡単に最安値を更新したり、で又あれよあれよという間に戻したり、経済ってやっぱりワケワカラン…

いや、株なんて全然持ってないスが、投資信託ってのが少しあって、今売ったら損は決定的なわけで売れない、でも持っててもどんどん下がるばかり…
で分からないままニュースを見てると、不安感が増すばかり…

季節の変わり目のせいか、それに付いて行けない歳のせいか、体調不良だったのと相俟って憂鬱になり、これってもしかして鬱?っと、ネットで検索してみたら、鬱の症状のひとつに「食欲がなくなる」というのがあり…
…食欲は残っているから、やっぱり世の中、本当に不安で憂鬱な事が多すぎるんだよね? っと思い直した≪ちょっとスペイン≫です…(・・;)


以上、小文字部分は挿入句。

でテレビとか見てると、今回の金融危機では、み~んな大損、つまり誰も得してないように見える? (今が買い時なんちって、これから得をしようとしてる人はいる?)

つまり価値というものが、ある所から別のところに移って、前あったところでは損、新しく移ったところでは得…っていう図ではないのが、よ~わからんのだ…(・・;)

だって、物理の時間だったか、エネルギーというのはその形や場所を変える事はあっても、絶対量?みたいなもんは変らない…とか習わなかった? …関係ない?… (・・?)

それに、みんな損してるんなら、みんな同じではないか…赤信号もみんなで渡れば怖くないと言うくらいで、み~んなお金がなくなったら、物が安くなるしかないんでないの???

…まあ、経済オンチぶりを披露するのはこれ位にして、でもとにかく、経済価値って、なんか余りにも簡単に崩れてしまう価値…みたいな感じが、個人的に強まってる今日この頃。

で、日本って、少なくともこの何十年かは、その「経済大国」だったのよね? 文化大国とか、福祉大国とか、教育大国というのではなくって…

その経済が、いとも簡単に崩れてしまうっていうのは、やっぱりコワイんじゃないでしょか?? 

…大事なのは「(経済)大国度」よりも「先進国度」、そしてその「先進国度」っていうのは、経済や技術や、或いは物が豊富にあるとかって事よりも、住んでる人間が「先進国人」かどうかで決まるんじゃないだろうか?
って事です。

昔あった(今もある?)「民度」という言葉に近いかも…

たとえば最近あとをたたない「食の安全」問題。安全基準や、それを検査する方法よりも気になるのは、産地や賞味期限を偽装する人たちの「これくらいは…」っていう感覚が、先進国じゃないと思うわけ。

そういえば、今回の経済危機が始まる少し前だったか、テレビで「今後の社会の変化に対する生き方」みたいなのを話した経済学者?がいて、先ず第一に挙げたのが「職を失わないようにする事」…???

経済もよ~ワカランけど、経済学者はもっとワカラン…

今回の金融危機関連のある番組でコメンテーターとして出て来て、「経済ってそもそも信じてないの、株なんてそもそも馬券買うのと同じなの…」って言った、漫画家(…だったと思う…)のクロガネヒロシさんの方が、よ~ワカル…
[PR]
by peque-es | 2008-10-29 11:26 | その他、色々、なんとなく…