カテゴリ:土曜年( 4 )
見えないゴールを目指す力…
2008年 01月 14日
…というタイトルで記事を書こうとしていて、予告までしてあったのだけれど…

…よくよく考えてみると書きたかったのは、「見えないゴールを目指す力…というようなものが、あるように、思う…」という、ただそれだけの事だったりして…(・・;)

…でもまあ気を取り直して…
つまり、意味が分からない事でもとりあえずやってみる、すぐに結果が出なくても続けてみるというような事が、得意(?)な人と苦手な人がいる気がするのですが、それを気が長い(⇔短い)とか、根気がある(⇔ない)とか、或いは呑気(・・・の反対は何だ?)とか、おっとり(…これも反対語が分からん…)とか…そういった性格ではなく、「見えないゴールを目指す、のようなもの」と呼んでみた訳です。

(…ハイ、そういう自分はかなり気が長くて(?)、すぐには結果の見えない事ばっかりやっておりますね…(・・;))

今やっている事の結果は、今は分からない。
[PR]
by peque-es | 2008-01-14 18:20 | 土曜年
スタンウェイのピアノ…
2007年 08月 27日
a0072316_12572155.jpg…というのを、初めて弾いた。(…弾かせて頂いたって言うべきかも?)

実は、作曲を習っている音楽教室の発表会があったのです。
写真は、参加者全員に一輪づつ頂いた薔薇の花。他の方たちは声楽やピアノ、バイオリンなどの生徒さんで、作曲からはこの日はひとりだけ。
当初7月15日の予定だったのが台風で急遽延期となり、それから約1ヵ月半…控え室では先ず一様に、「いやあ今回は長かった…」という声が…

いや、その前にね、私の場合は、最後に人前でピアノを弾いたのは高校生の時でして(汗)…それから実に、ン十年のブランクがあるのですよ!
それに子供の頃のピアノの発表会なんて、先生に言われた曲を、言われた通りに練習してただけで、当日どんな気持ちで弾いたか、な~んて事は全然覚えてない!…という事に、今回気がつきました。唯一覚えているのは、最初は緊張で指が鍵盤に着かないような上ずった感じがするのが、2,3小節ダーッと弾くとその緊張が解けて、指が鍵盤に着くようになるという事。でも今回最初に弾く事になった曲には、その「ダーッと弾くところ」が一箇所もない…つまり緊張が解ける場所がなくて、「指が鍵盤に着かない」感じが、曲の終わりまで続いてしまうのダ…(@_@;)…でも、作ったのは自分だから、文句言えないのダ…

最初に発表会の話があってから、先ず出るか出ないか、どの曲で出るのか、そしてそれを自分で弾くか、それともプロの方にお願いするのか…紆余曲折を経て、最後は自作自演で出る事にしたものの、ン十年ぶりの発表会で、しかも自分の曲を初めて聴いていただくという情況で、どんな心理状態になるものやら、最後まで見当つかず…

もしかしたら緊張でガチガチになって、ずたずたボロボロの演奏になるのではないか?
…イヤもしかしたら、案外大丈夫かも?…という2つの予測の間で…
…先生の気持ちも大きく揺れ動いてたようでありました…(・・; (先生、本気で心配して下さって、ありがとう!)

結果としては、ガチガチぶるぶるにになったおかげで、ずたずたボロボロになる余裕がなかったというか…(・・? (1曲目はやはり緊張で腕がぶるぶる震え、それを鍵盤に伝えないように弾くのに必死で、余計な事を考えてる暇がなかったのデス…2曲目で、作曲者としては痛恨のミスタッチ1ヶ所…その他もろもろ…でも、大きな崩れはなかったような…?)

ホールで聴いてた先生が、弾き終わった後ひと言「良かった!」と、本当に喜んで下さってた(ように見えた…)し…(自分では、「どう弾けた」のか、全然覚えておりまへん…先生によれば、1曲目ちょっと早かったようです。なんせ、1曲目をとにかく早く弾き終えて、2曲目に入りたいと、ソレバカリ思っておりましたので…(゜゜)_(._.)_

でも先生、続けて…「いやあ、想定外だった」…(って何が??)

…え~、本人の感想としましては、直前には「もう2度と自分では弾かないゾ、ピアノの練習にエネルギー取られすぎるもん…」って思ってたんスが、スタンウェイのピアノ、又弾いてみたいような…?

…ヨシッ、宝くじが当たったら、スタンウェイのピアノと、それを置ける家を買うゾ!…
[PR]
by peque-es | 2007-08-27 14:26 | 土曜年
プチ・フィナーレ
2007年 03月 28日
昨年の9月より、音楽の色んな試行錯誤をアップロードして来たもうひとつのブログ、≪ちょっとスペインの音色 & petitesmusiques≫を、この3月で一旦終了する事にしました。

半年余りの間、色んな意味で勉強をさせて頂きました。セルフ・サービスの演奏に、ハンドメイドな録音でしたが、今まで音楽を聴いて下さった方たち、本当にありがとうございました。

つきましては、「プチ・フィナーレ」という事で、メドレー(!)、作ってみました。よかったら試聴して下さい。

チョコッとサワリだけのも含めて、全6曲!
先ず選曲でつっかえ、その繋ぎでつっかえ…できるだけ≪ちょっとスペインの音色 & petitesmusiques≫らしい、そして「フィナーレ」っぽい(?)曲をとトッカエヒッカエしながら1週間くらい…何とかそれがまとまったところで、録音で又つっかえ…ちょっとチカレた。今までで一番長い曲の、更に2倍くらいの長さになり、それを通しで弾こうとすると…トチる可能性は曲の長さに比例する訳でして…

何回弾いてもどこかでトチり、果たして録音できるのだろうか?と思いましたが、何とか最後まで行きました。リズムやタッチ、その他不満は数多く残ってますが…

まあでも、折角全30曲位の楽曲をアップロードした事だし、ブログ自体はこのまま残そうかと思ってます。
この≪別荘≫も、今まで通りマイペースで続けますので、よろしく。
[PR]
by peque-es | 2007-03-28 00:35 | 土曜年
土曜年
2006年 06月 12日
(昔の別荘から持って来た記事です。)

スペイン語で año sabático (アーニョ・サバティコ):土曜年
年を週の曜日になぞらえて、土曜の年になったら一旦休めって事です。つまり7年に1回。
例えば大学の先生が研究の為に留学したりとかする時に使う表現…リフレッシュ休暇+勉強、みたいな?…で、スペインから帰って以来アーニョ・サバティコなので、ちょっと勉強する事にしました。

※これは…
[PR]
by peque-es | 2006-06-12 13:12 | 土曜年