人と犬の共存
2009年 04月 28日
…という題で書きかけたのだけど、例によってまとまらず…

おまけに両手首から親指にかけて腱鞘炎気味? なので、このあと暫く記事はお休みします。(…普段から休み休みですが…008.gif

まあタイトルは、犬は原始時代から人と一緒に生きて来て、猟犬、牧羊犬、番犬、その他人間の役に立つために改良されて来た筈なのに、今の日本ではその人と犬の関係がちょっと歪んだ…というか、何だか不自然なものになってる?? というような事を考えてみたり、したのだけれど…039.gif

一方でペットの虐待や飼育放棄が後を絶たないかと思えば、他方で過保護。
散歩中の吼え声とかをすごく気にする飼い主がいるかと思えば、犬と触れ合いたいのに接し方を知らない人も多かったり…ペット不可の建物も多い日本では、犬を飼ってない人も含めて、人と犬の距離感みたいなのが、なんとなく崩れてるような気がするの。

犬の糞の始末をしないというようなマナーの悪い飼い主は、近くでは余り見当たらない(見てる限りでは居ない、でも、そういう事はま、人の見てない時にやるのかもしれませんが…)、逆に公園など、食べ残しその他人のゴミの方が目立ったり、道路に猫の餌を撒く人がいたり…(ビンゴ君が拾い食いしないように目を光らせて散歩しなきゃいけないのだ009.gif)…だけど目につくのは何故か、「犬の散歩禁止」とか、犬の絵が描いてある「困っています、フンと尿」なんていう、犬の飼い主に向けた立て札ばかり(…立て札なんか読めないカラスの糞害の方がヒドイという話も…)。

あと犬を飼ってる人同士でも、中にすごい落差みたいなのを感じてしまう飼い主さんがいて…
…例えば公園で会う犬達にオヤツを振舞うために持って来る人、とか…他の人の犬に食べ物をやってはいけない、少なくとも先に飼い主にやっていいかどうか尋ねるのが常識と、ちょっとスペイン的には思ってたのに、どうもその方たちにとっては「オヤツを皆にあげる」のがエチケット? みたいな感じで…


少なくともスペインの方が、なんかもっとフツ~に、人と犬が同じ場所に居た気がするのだ、例えば公園や広場でも、レストランやバールのテラス席でも、そして普通の道路でも…

で、純粋な愛玩犬というのが出て来たのは、人と犬の共存の長い歴史から見たら、きっとごく最近の事だよね? というような事も考えたのだけれど、先が続かず…008.gif008.gif

そんな訳でま、ビンゴ君のお尻でも…041.gif
a0072316_9285257.jpg(←)又してもセンターテーブルに潜ろうとしてるところ…(あれ? 前にも載せたっけ? この写真…と思って今日-4月30日-確認したら、やっぱり載せてました…008.gif



(↓)ベッドのクッションの下に顔突っ込んでフガフガやってるところ
a0072316_92915.jpgワイアーのシッポは、「狐の巣穴に潜り込んだところを、手で掴んで引っ張り出すのに丁度いい長さに、3分の1くらいの所で断尾されるようになった」と、最近ネットの犬種図鑑で読んだのですが、確かにこのシッポを見てるとムギュッと掴んでみたくなる?? 
散歩で会う他の犬の飼い主さんに、時たま掴んでみたり、されてます…あ、本犬は特に気にする風もなく、他の事(例えば犬)とかに気を取られてる事の方が多い…001.gif

そういえば動物の遺棄・虐待防止を呼びかける環境省のポスターが獣医さんのところに貼られていて、犬と猫の顔が半分づつ写ってる、その顔半分の写真を見てシッポ振ってたビンゴ君です。
その少し前に、カレンダーに写ってるケアン・テリア君を見てシッポ振った時は、「窓の外を犬が通ったからじゃない?」って、獣医さんと半信半疑だったんですが、この時は他に誰もおらず、ポスター見てシッポ振ったとしか思えない。「え? だってあなた、これ顔半分だよ…」ワイアーは知覚能力とでもいうのか、そんなものが鋭いとは前から思っていたけれど、顔半分で犬と認識するとは!?????
[PR]
by peque-es | 2009-04-28 12:23 | Japón,Japan,Nippon..
<< 中間報告 ≪ちょっとスペインの音色…≫最後の曲 >>