本当にエライ人…
2008年 06月 14日
…だったか、一番エライ人だったか…とにかくそういうエライ人は、「難しい事を易しく話す」というような事を、昭和レトロの小学校で、担任の先生が言ったのでした。

正確に言うと、その前に、「難しい事を難し~く話す人」、或いは「エラそうな事をさもエラそうに言う人」は、「本当にエラいんじゃない」という伏線(?)があって、で「本当にエラいのは、難しい事を分かり易く、エラい事でもエラそうじゃなく話す人」…という具合に繋がるのだ。001.gif

この言葉、意識のかなり深いところに刷り込まれたらしく、考えてみるとその後の人生、これで人を判断して来たような気がする。つまり、ちょっと難しそうな事を言う人は、それだけで「ん、これは本当にエラくないぞ」という目で内心見て来た訳で…041.gif

更に最近、上記先生のお言葉に、「ンなら、易しい事を、さも難しそうに言う人は▼●■▲…」っというのを、付け足そうかと思っておりまする。009.gif

何だか抽象的(?)な話でスンマセン。ちょっと具体的には書けないもので…028.gif

ところで全然別の話ですが、最近、犬の保護活動をしている方たちのブログへのリンクを、幾つか増やしました。

実は根っからの「犬族」なのですが、現在のところ犬なしの生活を余儀なくさせられております。
で犬の里親募集のサイトとか、色々覗いてる内に、現在のペット飼育事情というのが、ひと昔前には想像もつかなかったような事になっている、という事に気づかされました。
そういう現実の中で、少しでも不幸な犬を減らそうと頑張っておられる方達のブログです。

世の中、不幸なのは犬だけではないと思われる方もいるでしょうが、少しでも関心のある方は覗いてみて下さい。
[PR]
by peque-es | 2008-06-14 16:55 | その他、色々、なんとなく…
<< スパニッシュ・オムレツの作り方... REX >>