デジャヴュ?
2008年 04月 12日
…で前の写真のもう少し前、未だ寒かった頃に、こういう写真も撮ってたのでした。
a0072316_1862165.jpgこれはデジャヴュ? つまり既視感というか、ちょっとそういうものを覚えた夕陽の反射。

それが起こった時は、もっと強烈な陽がマンションの部屋に差し込んで来て、部屋の壁に物の影がくっきりと映る位だったのに…そして、今度起こったら絶対写真を撮ろうと決めてたのに、中々それが再現されないの…で或る日、ま、反射光だけでも撮っとくか…っと撮った写真。



マドリッドで最後に住んでたのは、ほぼ北向きのアパルタメント。日本で言うと地上8階くらいで、窓も大きかったので、明るさには全然問題なかったが、直射日光は余り入らない。夏の朝、ベランダの一部に陽が当るくらいで…

それが冬の或る週末の午後、気が付くと奥の壁にくっきりと影が映る位の陽がさしている…

家から北北西くらいの方向に建ちつつあった高層ビル。モダン過ぎて、回りの風景とチグハグで、あんまり好きじゃなかったけど、そのモダンな表面ツルツルの外壁が幸いして、冬の午後の陽が見事にはね返って、ちっちゃな我が城に陽だまりを作ってくれてたのですね。
以来毎年、同じ現象が起こる。冬の午後の1,2時間の、ウソみたいな陽だまり。
他には好きなところが全然ないビルだったけれど…a0072316_081971.jpg

この記事で使ったこの写真は、その双子ビルの下の部分。

…ね、ヘンなビルでしょ?

通称KIOビル、クウェート投資財団(?)が建て始めて、で途中でおっぽり出して(?)、最後は確かマドリッドの銀行 Caja Madrid が建て終えた。
a0072316_18181336.jpg
こっちの記事で使ったこの写真では遠くにうっすらと頭だけ、その建ちかけの状態(?多分)が、我が家のベランダから見えてます。これがもちょっと高くなって、冬の午後の西陽を、見事に反射させてくれた訳。)

今のマンションは東向き。なので朝は直射日光が入るけれど、昼前にはベランダも陰に入る。午後に、物の影が奥の壁に、くっきりと映るような陽がさす事はないのです。
そこに、ほんの一瞬の陽だまりを作ってくれたのは、ビルの大きな鏡面の代わりに、ウラノタケヤブの向こうの谷の、その又向こうにある戸建住宅の窓?

住んで3冬目の今年まで、何故それに気が付かなかったか?
…以後も再現されないし…戸建の窓の小さな面積に西陽が当って、丁度この家に反射光が当る角度になる数分間、くっきりと影が映る位の太陽が出るという事が、雨や曇りの多い日本ではそんなに難しい? とか… う~む…

…なんか、もう一度起こって欲しいような、光溢れる瞬間だったんだけど…

追記: これは4月6日の記事だったのだけれど…何となくこっちを上にしたい気がして(笑)、記事の順番変えてしまいました。(2008年4月12日)
[PR]
by peque-es | 2008-04-12 19:56 | その他、色々、なんとなく…
<< 昔の味 ドタバタしてるうちに… >>