日本経済の駐車場コスト
2008年 02月 26日
スペインから帰って来た直後、日本の銀行に行くと、やたらと従業員が多い気がした。窓口やATMコーナーは余りにも無防備だし、何だかその「遅れた雰囲気」にショックを受けた。
暫くすると日本の銀行には「失われた10年」というものが存在した事が分かった。
最近では、支店の従業員の数も少し減ったような気がするし、各銀行とも合理化に色々努力している最中なんでしょうか?

でマイ・バンク、クレジット・カードの使用明細と一緒に、毎月色んな宣伝を送って来る。中に、○○保険を申し込まれた方に、障害保険を無料でプレゼント、というようなのがあり、でもよく読んでみるとその額は50万…だったか…(…ビラ捨ててしまったもんで、分からなくなった…(・・;)

ウソでしょ? スペインの銀行は、給与を自動振込みにするだけで、確か1500万円位の障害保険が付いて来たゾ、VISAのゴールド・カードも付いて来たゾ! 日本の銀行、幾らなんでもシケ過ぎてないか?と思ったのですが…

ここいらの新興住宅地では、各銀行の支店、その殆どが駐車場を持っている。マドリッドみたいに1ブロックに必ずひとつは銀行がある()ような街ならともかく、この辺じゃ徒歩15分圏内にマイ・バンクがあればいい方? そして道路には、マドリッドのような路駐スペースはないのだから、当然と言えば当然の話なのですが…

で、自前の駐車場がない駅周辺の支店などでは、別途「お客さま用」の駐車場を借りることになるのですね。
例えばオトナリの駅前にある某銀行の支店では、近くのコイン・パーキングのサービス券を出してくれる。でも駐車券のサービスって、銀行に融資の相談に来る人とか、多額の投資商品を契約する人が対象だろうと思っていたら、聞いてみると、ATMを使うだけでも貰えるんだってサ!
…でも、そこにはATMが20台くらいも並んでる自動サービス・コーナーがあるんだけれど…仮に5千円の振込みを1件するだけでも、300円の駐車券が出る?…これって割に合うんだろうか…(・・?

まあ、同系列の会社の駐車場を安く借りてる…なんて事もあるのかも知れないけれど…(・・?

でも仮に、自前の駐車場があったとしてもそれは、スペインの銀行だったら「考えなくてもいいスペース」を考慮に入れて建物を作らなくてはいけないという事であり…

「路駐が普通」のスペインの銀行には、こういうコストは要らない訳で、考えてみると日本の銀行って、スペインの銀行に比べて大きなハンディを背負ってるのかも…などと、つくづく考えたのでした。

銀行だけではない。近所のスーパー、ファミレス、コンビニ、ラーメン屋…日本の住宅地では、どんな商売をするにも「駐車場」が要る。
もしかして「路駐スペース」がないという事は、日本経済にとって、路駐スペースのある国では必要のないコストがかかっているという事にならないだろうか??

他にも、道幅の狭さ、その他インフラの問題が、余分なコストを生み出していると思う事が結構ある。例えば道路の補修、ガスや電気の工事、マンションの建設や家の建て直し、そういう事がある度に、片側一車線でかつかつ対抗してるこの辺りでは、交通整理をする係の人を雇わずには出来ない、のであります。
…で、行け行けって身振りで、「でも向こうから車来てるよ、見てないけどいいの?」というような交通整理をしてくれる「係の人」、結構居たりして…?

最近騒がれていた、道路税のナンタラカンタラというの(…すみません、不勉強で、正確な名前知りません…)、ある議員が国会での質問に持ち出した統計を見ていると、日本は諸外国に比べて「その他の道」というのが、圧倒的に多かった。これは高速道路とか、国道級とか、そういうような分け方をして、それぞれが全国で何キロメートルあるか?というような表だったんですが、その他の道って、要はこの辺の道のようなのを言うのだろうか?…(・・?
こういう道、きっと日本中あちこちにあるもんね?
道幅が狭く、歩道もないか、あっても超オソマツ、街灯は暗く、電信柱があちこちに突っ立っていて、時に意味のないガードレールなどが付いている、そんな道?
車社会にも、高齢化社会にも対応していない、日本の住宅地の道…

どういう財源を、どういう事に充てようと審議してるのか知りませんが、新しく道路を建設して「道路の長さを増やす」のではなく、「その他の道」の道幅を何とかして、歩道や街灯なども整備する事を考えている政治家はいるのだろうか? と思ったりして…

)注: スペインでは、税法上の優遇措置なども関係していたらしいのですが、銀行の支店の数が実に多い。最初にスペインに行った時、同居のアメリカ人女性に、「店などを壊して改築してるところがあったら、その後に出来るのは先ず、バールか銀行よ」と言われて、ふ~んと思ったものですが、その後見てると、ほんとにそうなのだ!
で、新しく開発される区域などでも、地上階の商業用スペースに先ず入るのが銀行とバール。住民が入る前に生活にとってバイタルなサービスが揃う感じで、結構いいな~、と思うんですが!?
[PR]
by peque-es | 2008-02-26 21:09 | 街、家、道…
<< 5年目の日本 Pescado a la pl... >>