マドリッドの「路駐」事情、他…
2007年 04月 22日
「マドリッドの一方通行」の記事で引用したHPの長~い記事を、KLE4c さんが読んで、「路駐」についてのコメントを下さいました。
で気がついてみると、あれから数年経った今、市内の殆どに設けられている駐車システムがあるのですが、それについて何も触れてなかったじゃないですか?

ホームページに書いた「路駐のあれやこれや」、今では「古い話」になってるかも?
…と思ったので、去年の11月に旅行した時に撮った写真を、何枚か載っけときます。a0072316_131454.jpg
これはうちの近くの「無料路上駐車場」(詳しくは、恐縮ですが、上記『HPの長~い記事』にあります)だったところのひとつ。今はこんな風に道路に腺が引かれて、有料になってしまったみたい。

この制度、2003年の帰国前に、市の中心部では既に始まっていた。従来の、煙草屋さんなどで売ってた駐車税の納税証明書のようなものに替わって、道端に設置された機械で駐車券を買って、車のハンドルの前とか、外から見え易いところに置いておくといシステムだったのですが…
それが徐々に整備されて来たんだなあ…と思ったけど、駐車券の機械が、この辺には見当たらない…地域によっては、やっぱり煙草屋さんで買うのかしらん??

a0072316_1393623.jpg区画が緑の線で引かれているところ(↑)と、青の線で引かれてるところ(→)があって、その違いは確か、「近所に住んでる人用」と、そうじゃない、いわば「ビジター用」…どっちがどっちだったか忘れちゃったけど…駐車時間帯や駐車料金など、使用条件に、違いがあったと思う。

で、この辺りは、街が出来たのが多分、今から40~50年前。旧市街に比べて、ご覧のように道路も広め、駐車スペースが豊富で、当時は一日中無料だったので、わざわざ駐車場を借りる費用を節約できたって訳です。

今も夜間とか休日は、多分無料だと思うのですが、確かめてません。

ついでに歩道の広さを実感して頂くと…a0072316_13193032.jpg
←ほらね、これ位…でも人が通ってないので、実物大比較ができない?
え~っと…じゃあ…

…もうひとつ。

時差ぼけとハード・スケジュールでヨレヨレになってたところへ、「レンズ豆のスープ」が定食にあるのを見つけて飛び込んだレストランのある辺り(↓)


a0072316_13341872.jpgこの右側に路駐スペースがあって、更にその右側が車道になってる。

通りがかった若い女の子は、ケータイ電話でお話し中?




この少し先を右へ曲がると…
a0072316_13474831.jpgこの通りに入り…

写真では狭く見えるけど、縦列駐車のできる両側を除いた道巾は、大きなゴミ・トラック(「ゴミ行政」)が充分に通れる広さ、「コーン?」で書いた、日本の一方通行になりそでならない道くらいの巾はたっぷりあって、しかも一方通行です。

それを1ブロックくらい行くと…


a0072316_13493485.jpg…少し広くなったところがあって、そこも全部「路上駐車場」。最初の写真と同じ場所を、違う角度から撮ったものです。

牛乳屋さん(?)の大きなトラック(右側の黄色いの)も停まってる?

その左手に見えてるのが、アパルカコーチェス(駐車係)の居る高級レストランの入口で…つまりこれが、住んでた家のあった建物の側面という事になり…
a0072316_13425164.jpgもう少し行って家の正面に出ると、そこには資源ゴミのコンテナ付きの(?)別の「路上駐車場」。

…こんな具合で、この辺りはマドリッド市内では、駐車事情がいい方なのですが、旧市街に近いところに行くと、


a0072316_13545021.jpgたとえば、こんな具合(→)

…ん???…画面を横切る黒い線は何だ?
…想像するに…もしかして洗濯物干し???
…通りを挟んだお向かい同士で話し合って、取り付けたんですかね?
…今は使われてなさそうですが…???


a0072316_1359353.jpgその近くで見かけた、運転教習所(AUTOESCUELA)。

こんな風に街の中にあって、教習はいきなり「路上」です。

a0072316_1403458.jpgこれは昔の職場の近く。
この辺は「複数車線」(多分3車線くらい)の一方通行。
その両側に「横列駐車」のできるスペースがあって…

a0072316_1425720.jpg…ここにも「教習所」がひとつあったんだけど、ちょっと小さくて看板が識別できず…

Pの字はビルの地下駐車場への入口で、これは昔っから有料です。

それから a-tekichi さんが質問されてたロータリー…a0072316_1471184.jpg
これは市の北部にあるカスティージャ広場 (Plaza de Castilla) という大きなロータリーに入る辺りで、丁度赤い市バスが回ってた。

「マドリッド工事中」で書いた高層ビルが、この広場のもう少し北側に建ちつつあるのが、遠くに見えてます。

このロータリーは、車線数がロータリーにしては多すぎ(確か7,8本)、又ロータリーに入る計6本だったか…の道路が全て双方向通行で、おまけにその内のひとつ、カステジャーナ大通り (Paseo de la Castellana) は本線(中央車線)、側線、そしてバスの専用路線があって…と、かなり入り組んでおり、更に北側には大きなバス・ターミナルがある…市内有数の(?)渋滞クリティカル・ポイントのひとつ。
ロータリーの渋滞を避けてカステジャーナ通りを真っ直ぐ北に向かいたい車のための地下トンネルもあって、行き先によって、どの腺のどの車線を選ぶべきかが、ちょっと複雑!

…ま、ロータリーに入っちゃったら、そこを回るしかない訳でして…渋滞して回ってる内になんとかなります!?

a0072316_1412153.jpgこの写真を撮った時は余り渋滞してなかった。

同じロータリーを別のところから撮ったもの(→)で、白に赤い斜線の見える車は、マドリッドのタクシー。
ちなみにタクシーは全て白タク、つまり個人タクシーです。(下記注参照)



a0072316_14133861.jpg上のロータリーに入る手前辺りの、カステジャーナ大通りの「側線」。


ご覧のように側線でも2車線以上あって、その両側に駐車スペースがあります。


a0072316_14155368.jpg車の進行方向から撮ると、こんな感じ。
向かって左が歩道で、その脇に路駐のスペースがあり、車道(側線)の右に又路駐スペースがあり、そして緑地帯。

…その右側にバスの専用路線があり、その又右に片側3~4車線で双方向通行の「本線」があり、そしてその向こうに反対方向のバス路線、そして反対方向の側線(+路駐スペース)、そして反対側の歩道となります。あ、歩道は、それぞれ「双方向通行」ですからね!
…間に、こんな風に緑地帯のようなものがあって…

そういう全体像が分かる写真がないのだけど…そういうのを撮ろうと思ったら、どこから撮ればいいんでしょ? ピサの斜塔のような(?)双子ビルの上の方から??

注: cazorla さんからコメントで、「白タク」っていうのは無許可のタクシーのことなんだそうです。スペインのタクシーは個人タクシーですが、普通はちゃんとライセンスを取ってやってます。空港や観光地などにはモグリのタクシーが居ることもありますが。正規のタクシーには車体にライセンス番号、車内には確か運転手の写真入りのライセンスが、見えるところにある筈です。(2007年4月29日)
[PR]
by peque-es | 2007-04-22 20:01 | スペイン:人、物、言葉…
<< チャンネル・オプション Pollo asado (ロー... >>