スペインの玄関
2006年 04月 24日
(ジオログ: ≪ちょっとスペイン…の玄関≫に書いていたものを、記事の一部のみコピーしました。日付は元の記事の日付ですが、時間は出たとこ勝負です。)

…(前略)…ホームページ≪ちょっとスペイン≫の玄関として?誕生したブログなので、
≪スペインの玄関≫について少し。

1.スペインの玄関ドアは日本と反対側に開く。
2.スペインの玄関の鍵は日本と反対側に回す。

1.は「ご免下さ~い」って側から見て向こう、「いらっしゃいませ~」って側から見てこっち、つまり家の中に向かって開くという事。

誰か来た時、靴を履いてドアを開けに行かなくてもいい。

それから[支えてなくても開いてる]ので、帰って来た時、荷物持ったままドアを肩で押して入れる。

でも[閉まると錠がかかっちゃう]ので、鍵を持たずに外へ一歩踏み出す時は要注意!

ドアの開く向きが何故反対になったのか?
これは多分、[日本人は玄関で靴を脱ぐから]だと思う。 日本の玄関には脱いだ靴が並んでるので、ドアは内側に開けられない。昔は日本の玄関=ガラリ戸だった。で外国からドアを輸入した時、家の中で靴を履いてる習慣は輸入しなかったからだと思う。

でも鍵が反対回しなのは、どういう説明も思いつかない!
スペインの鍵は、錠が開くって思う方に回すと開くんだけど…!?
日本は車のキーも反対回し!
どなたか理由知ってたら教えて下さい。

尚、この記事は<家の入口>についてだけど、スペインの<建物の入口>はこんな風です。
[PR]
by peque-es | 2006-04-24 23:48 | その他、色々、なんとなく…
<< スペイン語の「ワタ」 ソフィスティケイテッド!? >>