スペインのケータイ(番外編)
2006年 03月 30日
(ジオログ: ≪ちょっとスペイン…の玄関≫に書いていたものをコピーしました。日付は元の記事の日付ですが、時間は出たとこ勝負です。)

a0072316_23312958.jpg「スペインの朝食」と来たら、次は当然「スペインの昼食」ってのを書こうと思ってたんだけど、ちょっと予定変更して「番外編」。
というのも、ソフトバンク、ボーダフォンを買収っていうニュースがあったから。

余談ながらスペインでは、ボーダフォンじゃなくってボダフォーネ、と言います。それから写真は、スペインのじゃなくて日本の携帯電話です、念のため。

これはボーダフォンのプリペイド携帯なのだ。お店の人に「はっきり言ってコレ、子供用ですよッ」と、吐き出すように言われたモデル!

だって大して使わないのに、月々の基本料金みたいなの払うの勿体ないもん!

スペインの携帯電話は圧倒的にプリペイドが多かった。多分私と同じように考えた人が多かったのだ。それにスペインのケータイは、プリペイドだからって子供用の仕様じゃない。確か普通のケータイがプリペイドにも使えたような気がする。

今はどうか知らないけど…というのも、私が日本に帰って来る少し前に、スペインでは、日本で言ったらNTTのような会社の、契約式携帯電話の基本料金がゼロになり、月1500円分位の通話量があれば「契約」しても勿体なくなくな…?った!(笑)からだ。

多分携帯各社が猛烈な価格競争をしかけたので、負けそうになったんだと思う。でも通信の自由化というからには、それ位やって貰わなくっちゃァ!

日本に帰って来て?と思った事は多々あれど、そのひとつがプリペイド式ケータイの種類が少ない事と通話料の高い事。 
少ない選択肢の中では一番通話料金の安かったボーダフォンに決めて買ったのが、この写真のモデルです。

でね、日本のインターネットを安くしたと言われる孫さんが、ケータイの自由化を唱えて総務省に噛み付いた(?)時にも、内心「孫さん、がんばれ」って言ってた私、今回のボーダフォン買収のニュースで、大いに期待してしまいました。日本のケータイ安くなるかな? 選択肢増えるかな?

尚スペインの電話についてもう少し知りたいという方は、HPのこちらをどうぞ。電話とは関係ないけど、スペイン語ひとくち知識≪効果的なマバタキ≫っていうのもアップしました。それから背景全般を、スペインの南の方の白壁の街風にしたので、良かったら見てみて下さい。



[ コメント : 2]

この携帯わたしと同じだけどわたしのは更にさかのぼって「J-Phone」って書いてある。黒のモデルかっこいいなあ。いやあ堂々とプリペイド族ですよ。

投稿者 ロンドンの若い友達 : Saturday, April 1, 2006 05:55

ロンドンの…、そうだったよね。
この写真、赤い火の玉が丁度いい大きさの時に撮るのにこだわったんだけど(笑)、ちょっと苦労した。
ロンドンの…のは、火の玉の中に J-phone って出てくるのかな?
私も、ヘンにカワユイのより子供用(?)のこのモデルの方がかっこいいと思うけど、
いつかテレビで見てたら、振り込み詐欺か何かの犯人が同じの持ってて、塗料がはげる位使いこんでた!(笑)

投稿者 amikajpn : Saturday, April 1, 2006 12:11

[PR]
by peque-es | 2006-03-30 23:11 | その他、色々、なんとなく…
<< スペインの夏の夜の夢 レンガ造りの家 >>