スペインの運転免許
2006年 01月 06日
(最初のブログ: ≪ちょっとスペイン…の玄関≫で書いた記事です。)

a0072316_19243480.jpgあっという間に今年も6日過ぎてしまった。
この間にロンドンの若い友達は記事を4つもアップしたゾ! 負けてるなぁ(笑)

ンなこと言ってる間にどんどん時は過ぎて行く。
うかうかしてると1月も、そして2006年も過ぎちゃう…

というわけで今日は、年末ドタバタして行けなかった運転免許更新の手続きに行ってきたである。
もう30年以上免許持ってんのに、何故か「初回更新者」なんだよねぇ…手数料も「違反運転者」と同じ扱いで一番高い!
つまりね、スペインの免許に切り替えて持ってた間は全てチャラ、ってことなのです。

20ン年前にスペインに行った時国際免許を持って行って、その有効期限が切れる1年目にスペインの免許に書き替えた。
スペインの免許って10年持つの! 45歳だかを境に5年ごとの更新になって、最後は1年ごとになるんだけどね。
でそれを2回更新した後に日本に帰って来て、スペインの免許を日本の免許に書き替えるという、逆の手続きを踏んだわけです。

その手続きに行った時、日本も昔に比べると国際化が進んだと思った。
外国の免許を日本のに切り替える為の受付窓口ができていて、外国人が並んでた。
中に韓国とか東南アジアとかで取ってきた免許を日本のに書き替えようとしてる日本人がいて、これはどうも日本では「免停」になってて、近場の外国に行って(お金で?)手にいれた免許を、日本のに書き替えようとしてるみたいだった。
イヤ、全くの憶測ですけど!

でも交通局も分かってて、渡航1回のみのパスポートとか持って行っても簡単には書き替えしてくれないみたいだった。

私はスペインで更新したのも含めて、古いパスポートをぜーんぶ持ってきましたよ。
あとはスペインの免許証を見せれば、「ずっと外国に住んでた」、そしてその間「スペインの免許を持ってた」ことの証明になって、再試験を受けなくても免許発行してくれるのです。
どの国の免許かということも考慮されるみたいだけど、スペインの免許は一応信頼されてるみたいだった。

なのにィ! チャラなのですよ!!

でも「優良運転者」の免許更新手数料も、スペインに比べると高いみたい。
そういえばスペインの免許更新には「講習」なんての、付いてないよね。つまりこれは「講習代」?
おまけに有効期限短いもんね…
これはどっかが得するようにできてる?(ナントカ協会とか…)

写真は今年の5月まで有効なスペインの運転免許証。中に写真がホッチキスでとめてある! 作成者 amikajpn : Friday, January 6, 2006 20:52



[ コメント : 2]

☆コメント残した気がしたのに出てこないや・・・わたしはアメリカにいる間に財布ごと免許証をなくして日本に帰ったときに新しい免許になってしまったけど次の更新の時に麻生警察の優秀な方が前の運転暦をつなげてくれて無事ゴールド(ペーパードライバーともいう)の免許更新となりました。あまり長いとやっぱり駄目なんですね

投稿者 ロンドンの若い友達 : Tuesday, January 10, 2006 18:06

◇「麻生警察の優秀な方」って誰? 聞いておきたい!(笑)

「初回更新者」は受付だけで、免許は未だ更新されてないんだけど、
受付嬢は100%事務的で、そんなこと聞いてくれようともしなかった。
私もぜーんぜん、思いつかなかった。
1ヶ月後くらいに講習を受けて、メデタク更新免許証を交付されるらしいんだけど、
その時に「優秀な方」に当ると繋げてくれるのかなあ…???

投稿者 amikajpn : Tuesday, January 10, 2006 18:47
[PR]
by peque-es | 2006-01-06 19:21 | その他、色々、なんとなく…
<< 本当の生ハムの定義 (Defi... ブログ元年 >>