エルヴィスが生まれた日
2007年 01月 09日
今日はエルヴィス・プレスリーの誕生日、生きていたら今年で70ン歳…と今朝のBSのニュースで言ってたんだけど、今 Wikipedia で確認したら、彼の誕生日は1月8日。これは昨日のニュースですね。アメリカは日本より遅く夜が明けるのだ。

いわゆる「洋楽」というものを聴き始めた丁度その頃、ビートルズが現れた。
ラジオで「百万人のポピュラー・リクエスト」なんていう番組、やってた頃の話です。
和製ポップスなんて未だなくて、テレビでは日本人の歌手たちが、海外のポップスを歌ってた時代です。

日本には「ア・ハード・デイズ・ナイト」と「シー・ラブズ・ユー」、そして…「アイ・ウォンナ・ホールド・ユア・ハンド」だったか?…この3つがほぼ同時に入って来たような記憶がある。それまでの音楽と何かが大きく違っていて…なんというかひとつの音楽的ショック、でした。

今では多分、生まれた時には既にビートルズの音楽があった、という人たちの方が多い?
そういう人たちにとってのビートルズと、ビートルズが未だ居なかった時代にビートルズが出現した、そのショックを体験した人にとってのビートルズ、多分ちょっと違ってると思う。

私の子供時代、エルヴィスは既に大スターだったけれど、そんなにスゴイ歌手だと思ってなかった。「ブルー・ハワイ」なんていう映画があったので、イメージ的にハワイアンのような優しい音楽と結びついていたのかもしれない。でも音楽雑誌などで、彼の「ハート・ブレイク・ホテル」を初めて聴いた時の戦慄を語る人が多かった。

ずっと後になって、その伝説の「ハート・ブレイク・ホテル」を聴いた時、エルヴィスが居なかった時代にエルヴィスが出現した、その時のショックは、多分ビートルズより大きかっただろうと思った。でもそう想像することができたのは、ビートルズ体験があったから?

音楽の歴史の中では多分、時々そういう大事件が起こっていて、それまでの音楽と何かが全く違う音楽を生み出した人たちがいる。…でももしかすると、今までで一番大きな事件は「クラシック音楽」の出現?…だって、なんだかんだ言って今の音楽、ぜんぶクラシックの音階で出来てるんだよね…

…生まれた時からビートルズがあったっていうのは、もしかしたら「ちょっと不幸」なことなのかも…という気がしたりするの、変ですかね?
[PR]
by peque-es | 2007-01-09 18:41 | その他、色々、なんとなく…
<< マドリッド工事中 Moderato、モデラート… >>